2014年07月01日

ボルティモアのコスプレイヤー

さて
最近
洋画でヒーローものが
結構多くなってきた
のは
やっぱりあれかね
世界的な閉塞感からなのかしらん。





で、わたくし
ぼや〜〜っとネット観てたら



あちゃらでも
コスプレイヤーってのは
沢山いらっしゃる





それはもう



皆さんご存知だと思うけれども





ボルティモア!!!





そう悪趣味映画の帝王とよばれる




ジョン・ウォーターズ
生まれ育った土地



Photo


米国メリーランド州ボルティモア





そこで行われていた
コミケに参加なさっていた
コスプレイヤーの皆さんが、さあ〜〜〜





そのご様子を観ていたら
わたくし何か言わずにいられないっつうか、さ〜〜〜
もう、ねーーーッ!!!!



 

たとえば他の場所



Comicconphoenixaz
フェニックスで行われた
コミケに参加された方達は



なんというか
それなりに
洗練なさっておるのよ。





わたくし
あんまし
こういう世界には詳しくないけどさ





こなれてるわね





そう思う訳。





Comicconphoenixaz5
あ!あいつがいるッ!!



そう
コスプレする対象も


メジャーっつうか、さ

「ああ、あれね」って
わたくしなんかにも判りやすい。




Comicconsandiegoca
サンディエゴのこのお姉さんも



リトル・マーメイドだ!って
すぐにわかるし
まあ、よくお似合いじゃない??








 

Comicconsandiegoca3
サン・ディエゴの
女性コスプレイヤーは
たわわな方
多いのよ〜



 

こちらはスターウォーズ

レイア姫ね。




 

映画に出てた実物よりいけてるじゃん。

こういうのが



「助けて!」と訴えたら



そりゃ、男達も頑張るって。



 

あの映画の姫のルックスじゃ、説得力っつうもんが



 

コホン



話がそれたわ。





Sandiegocomiccon2010あら、こちらは




 







お姉さん
マジで
たわわ〜〜〜♪








ってなことで
とにかく
そういうことなんだけれど





問題のボルティモア!!!!





これがさ〜〜〜〜





Baltimoreotakon20114こ、これは
何のコスプレなのか???








タコス???



それとも
バーガー???




なんで???


なんでなのッ???
なんで
このコスプレをしようと思ったか



レポート用紙5枚以内に
まとめて提出してッ!!!







きりりと
立つその姿が愛おしいっちゃあ
愛おしいけど。






Baltimorecomiccon20103_2
きっと
仲良し親子なんだろう。


でも
パパッ!!!


前列のちびっ子の



スパイダーマンの造形が



微妙に変ッ!!!変なのッ!!!!





そうボルティモアのコスプレイヤーって

なんかゆる〜〜〜いのよ




ボルティモアって
田舎だから??
だからなのかしらん
コスプレイヤーさん達が
い〜〜い感じでゆるい〜〜〜





Baltimorecomiccon2010_2
このお兄さん達は
頑張っているほうなんだけど



真ん中のお兄さんとか
さわやかルックスで
てへへへな雰囲気丸出しだし





Baltimoreotakon2011
これは



コスプレっつうより



わたくし的には

「高校の文化祭かよッ!!」だし



 

Baltimoreotakon20111「申し訳ありません

も〜〜〜
赦してください」



って牛さんは
謝っているけど



Photo_2






Baltimorecomiccon20102_3












ボルティモア姉さんは



ダーーーっ
だれてるし〜〜


ゆるいのにも
ほどがある〜〜〜


 

ぷぷぷぷ



なんかさ
土地柄って出るのねえ〜〜〜



ウォーターズがボルティモアを
愛してやまないってのが
わたくし
判る気がする〜〜〜


 

るるるるる〜〜〜〜



 






posted by kazoo at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その存在感でわたくしを

「おいおい
どーなってんだ?」

ってくらい
美しさに恵まれた人っているよね


今は色々画像にする時に
加工したりもするから
その美しさに更に磨きがかかって


ひゃ〜〜〜
なんじゃそらって位
綺麗に見える。



目を奪われる。





Andrejpejic





Andrejpejic_3







 

Andrejpejic_2Andrejpejic2jpg5
 
 Andrejpejic111_2  

















Andrejpejic4_3














まあ いろっぽいお姉さん





・・・・・

・・・・・
・・・・・

 

お姉さん????


勘のいい人は
気づいてしまったでしょうが
Andrejpejic6






















あら


お姉さん



ぺったんこなのね





・・・・

・・・・

って、男性なんざんすね。




ご存知の方も
多くいらっしゃるでしょう。



この方
ユニセックスモデルとして
脚光浴びて
TOPブランドのランウェイでもご活躍



Andrejpejicってモデル。



 

いやあ

凄いね。


 

でさあ



わたくし
こういうの
もちろん
素敵だねって思うんだけどさ



 

PhotoPhoto_2 Photo_3









わたくし的には
75歳以上


しっかりと
年齢を重ねた人の存在感もまた・・・ねえ???


 

おほほほほ。



 

今日は
ストレイト・ストーリーを観るのに
良い日だわね〜〜。






posted by kazoo at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(さ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

甘い鞭

91ka5f3bcml__aa1500_メッシ すげえな。



「またFIFAの話かよ」
なんだけれど



アルゼンチン
「メッシのためのチーム」
なんて言われてさ



でも
そうなると
当然マークもきつくなる。



早い話



「ハードルがあがる」訳じゃん。



スターさんとしての
ありかた。



あがったハードルに
応えられるか否か・・・。



いやあ
きついっすよね。






壇蜜降臨・・・らしい。



いや
スポーツ紙の見出しに
ばばばばーんと
書いてあったもの。



壇蜜



結構わたくし
好きなんざんすよ。



頭いいと思うしね



しれ〜〜っと
自分を商品として
世に出て行くその態度が
腰ひけてなくて嫌いじゃない。



でもさあ
彼女を活かす作品っての
巡り会えているかっていうと・・・
難しいもんだなあと
思いながら観た。



「甘い鞭」



隣家に住む男に拉致監禁された
高校生の奈緒子。
1ヶ月に渡り、
弄ばれ続けた末、
男を殺害し辛うじて地獄から生還する。

彼女は凄絶なトラウマを抱えたまま成長し、
現在は不妊治療専門の医師となっている。

美貌の女医として評判の奈緒子のもう1つの顔、
それはSMクラブ売れっ子M嬢“セリカ"だった!
過去の事件が導く欲望の夜…物語は予想もしない惨劇を生む。



ってのが
この作品の内容で



「エロティックホラー」と銘打たれておりまする。



で、
32歳の奈緒子役をやったのが壇蜜。



女医=白衣
しかも
不妊治療専門



SMクラブのM嬢



なんか
ここらへん「お約束」。
コスプレ感ありあり。



ただねえ81eumqujfxl__aa1500_



監督・脚本:石井隆だからさ



石井隆が
「名美」を壇蜜の中に見たか



(名美シリーズに
興味がある良い子は
自分で調べておくんなまし)



「演技に自信はない」
自己申告通り
大根気味なところを
裸の熱量で押し切る感のある
壇蜜だけれど



この作品の中で
鞭を振るうちに
MからSに転化する瞬間があって
そのシーンの彼女の目は
なかなかに良かった。


良かったんじゃないでしょうか。


16390_2うん。







でも。



それでもさあ



彼女を活かしているとは
なかなかに〜〜〜



いいもの持ってるんだよなあ
度胸も
根性もあるんだけれど


 

う〜〜〜ん



あ、そうそう
石井隆ムードに惹かれるのか
竹中直人



この手の作品に出すのは
考えた方がいいんじゃなかろうか



この作品だけではなく
竹中直人って
渋いとかさ
癖のある登場人物とかさ

そういうラッピングで
えらく大事にされているけど

どうなの??



わたくし的には
リズムが狂うっつうか



「竹中直人」臭があまりに強くて
役者として登場すると
それが邪魔。
皆が言うほど・・・といつも思うんだけどねえ。



あー
そうだ


「エロ」ってことについても
考えた。



Ecca8c5d

壇蜜は綺麗だし
全てをさらけ出してもいるけれど


これが
エロかっつうと



う〜〜〜む。



おぱ〜いが映っても
吊り下げられても
のしかかられても



それがエロかっつうと



・・・・



・・・・



うう〜〜〜む。



変態さんを描きたいってのなら
「クラッシュ」あたりを観て
ちょっとお勉強して欲しい
などと思うわたくし。



でも
見所はある。



先の檀蜜の目が変わるシーンとか


あ、檀蜜の高校生時代を演じた
間宮夕貴って
なかなかだった。



これが初めての本格演技って
ほほ〜〜う。
すっげ〜〜〜頑張ってる。



次回作
どんな作品に出るんだろう
ちょっと注目だな。



しかし
「エロ」ってさ
日本の場合


一方的に監禁されてうんぬんっつう
シチュエーションの中で


被虐の限りを尽くされるってパターン
ほんっと多いけど


エロ????



エロなのか????



 

いや
縛りの美しさとかさ
そういうのはわかる。



わかるけれど



「映画」って「動き」じゃない??



一種のファンタジーとして観るにしたって・・・
あまりにお約束すぎちゃって。



814ickq0rl__aa1500_







う〜〜〜む



檀蜜嬢が
活かされる作品・・・・う〜〜〜むうううう






ドイツVSアルジェリアの
アルジェリア
魂の1点の如く



 

負けたけど
爪あとは残した的なさ



そういうなにか・・・



ラストシーンは
結構
良かったけどねえ。



ううむううううう〜〜〜と思う
FIFA漬けのわたくし。



 




 
posted by kazoo at 13:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(あ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

リード・マイ・リップス


B0001lnkxw01 









一言で言えば
クライムラブサスペンスストーリー
ってことになるんだろうか。



リード・マイ・リップスです。



アメリカの官能っつうのは
何故か私には
「晴天」のイメージがあるのだけれど。



晴天だからさ
例えば
「アメリカン・ビューティ」みたいな
「影」の映画が生まれても
その影のありようっつうか
輪郭のコントラストは、はっきりしている。
明確。



そんな気がする。



比べて
フランス映画の官能っていうのは
「曇天」なんだよね。



だから、影ができると
輪郭がぼやけて
何が影で何が主体か・・・・



だから、明らかに官能の底が深い。
多分、日本の「隠す・隠される官能美学」とか
そういうのにも繋がる世界だな〜〜。



そんな風に思う。



この映画のヒロインは
ブスで
地味で
やり切れぬ日々を送る
聴覚障害者。



勿論男になど縁はなく
だからといって
プライドがないという訳ではなく
むしろ・・・屈折して醗酵して。



そんな中
身につけたのが
「読唇術」



そして・・・男は



保護観察のついた
刑務所あがりの
何もない・・・本当に何もない
ドンずまりな
野卑な男。



この男をやった
ヴァンサンカッセルって
本当に変な顔だ。
(上の写真の男ね)



それで
ここで彼は惨めな境遇の男を
演じている訳だけれど
なんつうかさ・・・・



じっとりした汗の湿りを
その体臭を
リアルに感じさせる佇まい。



決して好きではない
決して好きにはなれない
ヒロインと男のキャラなのに



目が離せない。



官能は
決して
「綺麗」で
「整えられた」所にだけ
美しく生まれるのではない。

そういう厳然とした「事実」。



緊張と



緊張と



緊張と



緊張と



そして



弛緩・・・・。

そして解放。



いやーーーーー、
そりゃ主演女優賞もとるだろうさ。



この女の
「官能」への切実な願望
そして野卑ゆえに
それに応える男の見事さ。



決して「BESTフィルム!!」とは言いませんがね。



エロいな〜〜〜と。
見事なエロさだな〜〜と。
「純愛ストーリー」なんてこと
書いてあるところもありますがね。
とんでもない。

読唇術は
「想像力」。

そして極上の官能は
「想像力」なくして・・・



ええ。 



 


「曇天」の官能を貴方に。


一人でじっくり。



どぞ。







posted by kazoo at 16:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(ら) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

スパニッシュ・アパートメント

B00029nmww01


ええ。
わたくし、面食いです。
間違いなく。

でも、それを宣言すると
「えーー???」とか
言われてしまうこともあって。


美しい顔・・・それを好む人
人はそれを面食いと呼びますけれど。



その「美しい」という基準は
本当に難しく。



美しくても
「力の入ってない」腑抜けたような顔
これは日本の芸能界に多いけど

まあ、一瞬の
「若さ」という点だけから見れば
確かに美しい。



でもわたくし
勝手ですけど
もそっとこう・・・生命力のある顔が好みです。



Black_sweat_full_1









人はそれを
「癖のある顔」と呼ぶ。



「それはあーた、美しいとは・・・」とケチをつける。



ううむ。



貴方とは恋敵にはなりそうもありませんな。
よきかな
よきかな。



が。



癖のある顔は好きでも
「これは・・・・・・・・うーーーーーーん」
と唸りたくなる顔がある。



これねえ。



脇役ならアリの顔なんです。



が、しかし、主役となるとどうなのか・・・・・。



今の私の頭を悩ますのが



Story05  






この方。



ロマン・デュリス君です。

いや、「スパニッシュ・アパートメント」って
映画を観たんですけどさ。



これ、青春群像物ですから
ロマン君にだけスポットが当たっているという訳ではない。
それが救いの映画・・・とか言ったら
殴られますか???



エピソードのひとつひとつが



ある種青春の時の
無駄なっつうか
必然でもありはするんだけど
熱っぽいうだるような暑苦しさと
一瞬のきらめきを
巧く捉えて 
なかなかキュートな映画なのです。



んが。



問題はこの映画の
彼。
主人公の彼。



ロマン・デュリス君なのよねーーー。



マジさーー。



脇では光る顔だと思うのね。



でもさーー。



05072007_1  






ルパンの時にも思ったんだけど
彼ってなんだか
口元がすっごく下品なのよ。



ルパンの時はさ、
なんのかんの言っても
「盗人」な訳で、その口元の下品さが
そコンところにリアリテイを持たせていたっつうかさー。



私はそんな気がしていたわけ。



でも。



スパニッシュ・アパートメント
では、やっぱりさ
ちょっと
観てる私としては
「甘酸っぱさ」も欲しい訳さ。



人妻押し倒して
「身も心も貴方に夢中♪」なんて
言わせる役だからには
やっぱりそこはかとなくさ
観てるこっちにも
「夢を運んで欲しい」訳さ。



いやーーー、あんさん、現実なんて
こんなもんでっせ
と言われリャ
「あーそうかいなー」だけどさーーーー。






うーーーーーー。



Trailers20






 


その「身も心も」って人妻夢中にさせたのは
レズビアンのルームメイトの薫陶あらたかだったからなんだけど
「女を学べ」っつうね。
「大事なのはこういうこと。
こういう風に」

この映画で
一番魅力的だったのが
そのレズビアンやった子。
(上の写真右端)



これは巧かった。



ガールフレンドと揉めて
愚痴こぼすシーンで彼女が
葉っぱ吸ってる手が妙に大きくて
口元隠れる感じが
「レズビアン」っていう存在の
説得力に妙に繋がっててさー。



で。



デュラス君、人妻をいただいちゃった後
このレズの子に報告するんだけどさ



「最初は嫌だって言ってたけど
直ぐに夢中になっちゃって!」



そこでぐへへと笑った顔が



あーーーーーーーーーー




 

リアルっちゃあリアルなんだが
リアルすぎてさーーーー
洒落にならん。



 

でもなーーーー。

・・・・一番最後の笑顔見ると
「うーーーん。これまでの伏線かよ」
と好意的に解釈・・・・・・・・・・・・・できるか???






いやーーーー。



困ったね。
この映画。



つまり、彼に「乗れるか」「乗れないか」
これで映画の印象はかなり変わる。



Introduction04


 






あ、そういや「アメリ」で名をあげた
オドレイ・トトゥが遠距離恋愛に陥ってしまう
彼女役してるんだけど

まーーーーーー


これはまた
うざいったら!!!


存在が重い
うざい
かったるい。



わたしゃ「お前、ジュリエットビノシュかよ??」とか
思っちゃいましたがな。



女が
「真っ当な理由」で
男をなんとかしようとする時の
うざったさ、
計算高さ
すんげーーーリアルだったわ。

「私は間違ってないのに
最近巧くいってないの。」



って悩める彼女は
観てお勉強するとよろし。



あーー



だからまあ
この映画
誰に思いいれするかで
当然観かたはあれこれ違ってくると思うんですけどさ。



群像劇の面白さは本当にあるわよ。



でもなーーーーーーー。



友人がさーーー。


M940539051205  ロマン・デュリス君ってば



この方とねーー
くりそつだってーー。



 


深く深く
納得しちゃった私ってばーーー。

おほほほほほほーーー!!!!



あ、この映画、結構サントラがいいわよ〜〜〜!!!
・・・って別にこれはフォローじゃなくてよ〜〜〜!!!
おほほほほほ〜〜〜♪



こまんたれぶう〜〜〜♪




 
posted by kazoo at 22:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(さ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

SAW2


404294505801  












「魔が差した」
「つい間違って」
・・・・
そんな経験が
貴方にはありますか???


・・・・私にはあります。



SAWを観た時
私はあれほど
「二度と観ねえぞ!!」と心に
固く固く固く固く誓ったのでありましたが・・・



…さぁ。


両手を広げるtarさん
後ろからそっと肩に手を置くりきち大臣。
そして、
目を閉じ深くうなづくwinosさん。

いつの間に狭まるSAW包囲網。


よくない!!!
よくないと思いますっ!!!!


お母さんは許しませんよっ!!!




 

正直に言いましょう
第一作のSAWは面白かったのですよ。
だからさ
SAW2

なんでかさ
手元にさ



しくしくしくしくしくしくしくしく






カシャ←DVDをセットしている。






「私はゲームをしたい」









ああ、またもや・・・・・


って、





ぎゃーーーーーーーーーーっ!!!!



やめれーーーーーーーーっ!!!!!






イタイイタイイタイイタイーーーっ!!!!






・・・・・・・・・



あーーーーー



・・・・・・・・・


それでは皆さんさようなら






・・・・・・・・・・









え?ダメ??



だって・・・・。



しくしくしくしくしく。






主演の一人はドニー・ウォールバーグ。
(だってやっぱり主演はあいつ。ジグソウでしょう。)
マーク・ウォールバーグの兄ちゃんですな。



Doni Make













上がダニー
右横がマーク。



じゃがいも系遺伝子ですな。



で。



再三言ってきたことだけど
大体低予算映画が思いのほかヒットして
続編が作られた場合
製作者の「色気」
(つまり柳の下に2匹目のどじょうがいれば
わしら大もうけ〜〜っつうさ)が勝っちゃって
結局観てるこっち側はしらけるってパターンが
往々にして多い。



ほら
1作目にあった
「工夫」がさ、
潤沢になった資金のせいで
いけいけどんどんになりすぎちゃって
「ああ、そこが面白かったのにーーーーー」
っつうさ。
特にこういう系統の映画では・・・ね。



でもさ
たまに2も面白いってパターン
あるのよね。



SAW2



確かに引き込まれます。



なんといっても
この犯人ジグソウの人物設定が秀逸。



末期癌のサイコ。
でも「独自」の哲学を持っているっつう設定がね。



その彼が
警察に「囚われ」の身でありながら
繰り出す「処刑方法」もまた
なんつうか
「ああ、私だったら絶対はまってしまうー」って物ばかり。



ううーーーーーーー。
あーーーー
神経にくる。



でも



あっという間のエンドマークではあっても
やっぱり
わたくしちょっとクレーム。



1作目は
ぎりぎりの心理的「なぶり」で
「そのもののシーン」は
うまーく「想像しろ」だったのよ。
だから私には
却って怖かった。



だからこそ
ジグソウの怖さもバリバリで
悪役でありながら
妙な入れ込みも可能だった。



今回、そのものズバリシーン連打です。



確かにショック。



っつうか、目を開けていられないーーー。



でもさ、それに「手をつけちゃった」ってことは
「ショックのグレードアップ路線」に手を染めたってことはさー。



折角の
なんつうか
ノワール的面白みは減ったよね。



多分、3は益々ショック度が高まるのでありましょう。




 

・・・・・・・



え?



・・・・・・・




 

観ねえよっ!!!!!



ぜってーーーーーーーーっ!!!!



観てたまるもんかぁぁぁぁぁぁぁあ〜〜〜〜!!!!!



posted by kazoo at 19:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(さ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃん教育

1896年生まれ
そして1977年まで生きたハワード・ホークスといえば
「リオ・ブラボー」
「三つ数えろ」を撮った
有名な映画監督。



この方ちょっといい男で
ふむ
仕事の出来る男は
ルックスにも出るわね
な〜んて私は思ったりするのよ。



484590003309












ね???



ちょっと爬虫類系だけどさ。



で、先にも述べた
「リオ・ブラボー」や「三つ数えろ」なんか
最早古典といっていい映画だけど


「男性映画」っつうかさ
そういう分け方もされてたりするじゃん??

でもこの人の映画が面白いのは
この人がすっげー
「人間」が好きだからなんだなって思えるから。


それがわかるのが
今回ご紹介する
「赤ちゃん教育」。



これを見てのわたくしの感想。
男を描ける奴は
人間も描けるのだ。



いい男が撮った女は面白い〜〜〜♪



これモノクロなんだけどね。



モノクロ映画だからって敬遠するのは
すんごくもったいねえ出来だと思う。
今はさ、モノクロだと
お値段お手ごろで手に入ったりするから
ぜひとも!



それにほら、モノクロ映画って
場合に寄っては
カラーより
「ロマンチック」

その公式が、この映画でも
見事に。



出演は
ケイリー・グラントキャサリン・ヘップバーン
すんげーゴージャスだわね。



でさ。



この頃の男優の背広姿の見事さ!!
なんだろうこれ。
私は男のカジュアルなかっことか、勿論好きだけど
この背広姿の色気っつうのはさーーー
やっぱ小僧っ子では無理だし
単に齢を食ってるってだけでも無理。



う〜〜〜〜〜ん。
やっぱり洋服ってのは
あちゃらの文化なのね〜〜〜。



B00006av0s01これは一口で言えば所謂ラブコメデイなんだけれども
笑いに「品」があるのよーーーー!!!!
キュートなの。
すっごく。
1938年製作ってことは
今から68年前???
でも全然古くない。

キャサリン・ヘップバーン扮する
ヒロインがエキセントリックすぎねえか??って
意見もあるかもしれないけれど
見ているうちに
すんげー愛しくなってくるからーー!!!
ってことはさーー。

あ、そうか
「負け上手な男って
こんな時代から既にいたのね??」

みたいな発見があるわよ〜〜。



そんでさ。
優れたコメディエンヌの条件として
私は「運動神経」ってのがあると思うんだけど
キャサリン・ヘップバーンの
運動神経の良さ!

歩く姿の素敵なこと!
品のあること!!!
それがあるから
「パンプスのヒールが折れた時の歩き方」
なんて些細なことが
チャームなギャグに昇華してるんだわー。



Brin2とにかく展開が次から次へと目まぐるしくて
(だからスクリューボール・コメディって言うのね。)
こういうコメディに必須の
「脇役がたっている」って条件もばっちし。



ええ。そして



犬好きなら・・・・・くくくくくくっ♪



あら、私、結構犬が名演技の映画
紹介することが多いわね〜〜〜。



あ、今回は猫好きにもばっちしよ!!
これ、「豹」が出ますからーー!!!!



Bringing_up_baby Bringing20up20baby_2










後、恐竜とかも出る。







恐竜



そしてLOVE。

そしてファッション!!!



ぎすぎすした世の中
たまにはこんな映画で憂さを晴らして。



ご覧になってーーー!!!



PS 
殿下はこの映画の
窓を石で・・・のシーンを見て
アンダーザチェリームーン
同じようなシーンを撮ったんじゃないかと
私は勝手に推測してたりするのよ。



殿下もすんごい映画好きだっつうしね。
くすくすくすくす。



アンダーザチェリームーンをご覧になった方は
ぜひ御検証あれ〜〜〜。



posted by kazoo at 19:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(あ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

2012オスカーファッソンチェック@

第84回アカデミー

2012年のアカデミー作品賞
無声映画がとったね。



「アーティスト」





仏蘭西映画!!!



お仏蘭西!!!



やっぱり
アフロ田中が



「仏蘭西ってなんかすごい」

って言ってたことだけは、ある。


わははは。



このサイトで
お仏蘭西映画の「昼顔」をとりあげたことも
偶然とは思えませんな。



やはり時代はわたくしの後を・・・



きゃーー!!
ぶたないでっ!!!



それにしても
無声映画
しかもモノクロ



よくぞとったね作品賞。



3DVS無声映画って言われていたけれども
キーワードは
「原点回帰」ってことなのかしら??



さて。
それじゃ
恒例のおかずとずーこの
ふぁっそ〜〜んちぇーーっく!!!




 

「じゃあ、いくわよ〜〜〜!!!」



「早速参りましょうね〜〜。」



「まずは
わたくし的BEST



「ほんとに早速ね」



79224originalミラ さ〜〜ん!!!」



「綺麗っ!!」



「ゴージャスっ!!!」



「マーべラス!!!」



「びゅーてほー!!!」



「スターさんはこうでなくっちゃ!!」



「ワンショルダーってさ
結構バランスが難しくなったりもしがちだけれど
これはパーフェクトでしょう〜〜。」



「ねえ〜〜。
ほんっと綺麗」



「メイクも赤い唇が
また白いお肌に映えて
ちょっとクラシックな感じにも見えるじゃない??」



「原点回帰」



「ああ、女優。
女に優れると書いて女優よ〜〜!!」



「とてもあのまぬけ映画
パーフェクトゲッタウェイ に出ていたミラさんとは
思えない」



「しっ!!!」



「そんなの初手からなかったことかのように
このゴージャス観!!」



「ああ、女優。
女に優れると書いて女優よ〜〜!!」



79302original 「こちらアンジェリーナジョリー
絶対
ブラック系ドレスの方がお似合いねー。」



「こう言っちゃなんだけど
あの「鶴ドレス」の何倍も
お似合いだわ〜〜〜。」



「脚線美が
本人的にも「押し」なんだわね」



「ざっくりスリットってのも
彼女のドレス姿では・・・なんだけれども
このポーズはっ????



そしてわたくしの友人いわく
彼女の最大のアクセサリーは
旦那〜〜!!!



「きゃーーー!!!!」



「きゃーーーー!!!!」



「しっ!!!」



「しっ!!!」



79283original 「旦那とは別れたわよ〜
やっぱり若い男はいいわ〜〜の
ジェニファーロペス



「こういうの見るとさ
このドレスはあたしの趣味じゃないにしても
アジアの女性には
ちょっとこんな風には
着こなせないわよね〜って思っちゃう」



「カーヴィってのは
やっぱ、ねえ」



「ねえ〜〜〜」



「きゅっ
ボン!
きゅっ!!」



「ジェニファーロペスといえば
お尻!!」



「お尻だけど
その前に
キャメロン ね」



79280original 「ん〜〜〜
これはまあ
可もなく
不可もなくって感じかしらね」



「えっらそうに!」



「今回さ
スターさん達
ドレスのお召し変えも話題になったじゃない?」



「あー
そりゃ
ドレスを提供しているデザイナー側とすれば
すっごい宣伝になる訳だしね」



「そうそう。
だからレッドカーペットと
パーテイとはお召し変え」



「キャメちゃんはこっちのオレンジのドレスの方が
お似合いだったような気がするわ」



Article011f04e2f000005dc324_306x643 「そう〜〜〜???」

「あら、このオレンジドレス
バックが可愛いのよ」



Article011ef48bb000005dc897_634x983



「あ、ラインが入っているのね。



ほんと
彼女のスタイルの良さが引き立つわね。」



「こういうパキッとした色が
陽気な彼女に
お似合い〜」



「で、尻よ」



「あ、そうそう
尻ね」



「アカデミー舞台上で繰り広げられる
尻披露」



「バックスタイルが綺麗なドレスを
ご披露なさっているってだけじゃないの??」



「尻対決!!!」



79320original 「いや、だからさ」



「尻対決!!!!!」



「あくまでも
言い切るわけね」



「尻対決!!!!」



「・・・判ったわよ」



79285originalペネロペ よ〜〜!!」



「彼女も綺麗ね
スモーキーで落ち着きも
華やぎもあるドレス。
あたし
彼女のドレス毎回楽しみだったりするの。」



「やっぱさ
元がいいと
何を着ても・・・」



「あら、何を着てもってこたあないわよ。



女優であっても
ドレス選びに失敗すりゃ
元がいいだけに
より悲惨な結果を生む
ってことだって
あるんだしさ」



「あ、そうか」



「そうよ〜〜」



79289originalナタリーポートマン とかはさ」



「うん」



「綺麗だけど
毎回つまんない」



「!!!!」



「なんかさ、お利口さんなドレスよね。」



「パパとママも安心」



「だけどーーー
つまんな〜〜〜い!!!」



「!!!!!!」



「やっぱしさ
スターさんは



サーシャ・バロン・コーエン みたいに
ガリアーノ のスーツ
靴下はK・マート



そのくらい決めてくれなくちゃ!!!!」



20120227190719_02_400

「・・・そもそも
ドレスじゃないし
ガリアーノだなんて
ほんとかどうかもわかんないし
女優でもないけど〜〜〜」















posted by kazoo at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ふわ〜〜っしょん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012オスカーファッソンチェックA

「さてさてさて」



「昨日に引き続き
2012オスカー
ファッソンチェ~~ック!!



「あの〜〜
アンジェリーナ姐さんの
あのポーズ

結構話題になっているご様子よ」



「ああ、あの
「わたくしの脚線美を見るがいいわ!」ポーズね」



79302original_2 「ネットじゃ
この写真を元に
こんないけない画像を
加工しちゃった人がっ!!」



(秘密を守れる人だけそっとクリックなさってね)



526309099_2






「し、知らないわよっ!!
姐さんが夜の闇に乗じて追いかけてきてもッ!!!」



「姐さんは
そんな暇なことしませんっ!!」



「んなの判らないじゃな〜〜い。
姐さんは来なくても
手下どもが、さー」



「・・・来ませんってば!!」






「ま、やっぱり
押しすぎは幾ら姐さんでも・・・ってことかしらね」



「ツルカメ
ツルカメ」



「押すといえばさ
主演女優賞とった
メリルストリープ



79278original 「これは、もう、
金メダル
主演女優はあたしのものよ
宣言ドレス
!!」



「ねーっ!!!」



「ねーーーっ!!!」



「あたしがとらないで
誰がとるっていうの??的な〜〜」



「何?
ドラゴンタトゥー??
ハンっ!って
顎をあげたに違いないわ」



「・・・見たの??」



「見てないけどさあ
なかなかどうして
この場でGOLDのドレスは
セレクトできないわよ〜〜」



「さすがミランダ!!」



「ひゅーひゅー」



「ひゅーひゅー」



「実際『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』





作品を観た人は
彼女の演技に圧倒されたって〜」



「仕事ができる女!!!」79254original



「対するドラゴンちゃん
こんな感じ」



「なんかさ
この方
お胸がおさびし山だしさ」



「あーたと同じね」



「違うわよっ!!



違うけど
色も白いしさ
なんかこの人のドレス姿
毎回
見ちゃいけない観が強い〜〜〜〜



Photo_2 Photo_3






Photo_4










「お好きな方には
たまらないでしょうけどね」



「かな〜りマニアックよね」



「マニアックな路線って
道幅狭いからさ〜〜」



「ドラゴンちゃん
頑張って!!」



「そうね
いろんな意味で頑張って!!!」



「ってか
ドラゴンちゃんなんて名前じゃないけどね。
彼女の名前はルーニー・マーラ!!」



「頑張ってといえば
別にあーたは頑張らなくていいわよ〜〜な
あいつが!!!」



「あいつ??」



グイネスパルトロウよ」



「ああ、あーたが毛嫌いしてる」



「あいつのドレスがさ〜〜〜
なんか〜〜〜」



79284original 「あ?
なに??
ケープつきドレス??」



「ってかさ
なんか
オスカー像っぽくない??」



「あーシルエットが、ね」



Photo 「この女
「もらえないなら
一体化してやるわっ!
どう?
おされオスカーな
わ・た・し」



とか思って
このドレス選んだに違いないのよっ!!」



「だからさー
何か根拠はあるのかっつうの」



「このオスカー一体化計画って
結構他の女優にも
浸透していたりするところが
怖いじゃないの!!」



79237original 「あ、・・・なんとなく
言いたいことは判るけどー」



「グィネスなんて
いっぺんとっているんだから
こんなアピールしなくても、もう、いいのよ!!」



「あら、それを言うなら
メリルなんか」



「バカねっ!!
メリルは好き嫌いは別にして
やっぱり「力」
「演技力」はあるじゃない。」



「あるじゃない、て
だから
主演女優賞とったってば!!」




 

「グィネスはさー
1998年に
「恋に落ちたシェイクスピア」
主演女優賞とったけど
その後
「女優として頂点を極めたって賞を
早くに渡しすぎた」
って
随分な評判がたったのよ〜〜」



「あら、そうなの??」



「そうよ〜〜。
まあパパはプロデューサー
ママは女優
弟は映画監督
旦那はミュージシャン。



業界内で大きな顔できているってのも
判るけどさあ〜〜〜
お前が作ったスープの味とか
エコ生活だとか
もういいっての!!」



彼女のサイト
気に入らないのね。



でも、あーた
ザ・ロイヤルテネンバウムズの彼女は
褒めてたじゃん」



「・・・ま、そういうこともあるわよ」



「でも、このドレスは気に食わない、と」



「そうよっ!!!」



「でもさ、これだって
なかなか
他と差別化されて
綺麗なドレス・・・」



「正気っ!!???」



「正気だわよ」



「あいつはね〜〜
2011年あちゃらの雑誌GQで
「もっとも影響力のなかった著名人」ってのに
選ばれちゃった女なのよ〜〜」



「なに、それ」



ほとんどの時間を
「授賞式でのパフォーマンス、
自身のブログの宣伝、
最悪な料理本をリリースするため」に費やした
ってんで
選ばれたっていう
不名誉な賞よ」



「そ、そうなんだー」



「でも、彼女のドレス
そんなに酷くは・・・」



「あ〜〜〜!!!
だから言わんこっちゃないっ!!!
あーたもあいつの
オスカー一体化計画の犠牲になってるのよ〜〜〜!!!」



「いや、別に犠牲には
なってないんだけどー」



「あーたさえ知らぬ間に
そんな気にさせてしまうなんて・・・



影響力がないとか
見せかけながら・・・
・・・グィネス・・・怖ろしい子っ!!!」


「なんでそこで
紫の人ごっこ〜〜???」




 



posted by kazoo at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ふわ〜〜っしょん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

2012オスカーファッソンチェックB

「今日はねえ〜〜まず、というか
またこの方から」



「誰、誰〜??」



ドラゴンちゃんよ



「だから、ドラゴンちゃんじゃなくて
ルーニー・マーラ !!」



「昨日さ
彼女のドレス姿
お好きな方にはたまらないってUPした箇所に
地雷を隠しておいたら
ちゃんと踏んでくださった方がいて
「爆笑!」って」



「あら、判ってらっしゃる。」



「だってあの方
どう見ても今までの女性遍歴から見るとさ
若干ロリータ趣味入っていらっしゃるもの〜〜」



「私は何も知りませ〜〜〜ん
言ってませんからね〜〜〜」



「や〜〜だカマトト〜〜

で、ドラゴンちゃんの
昨日のドレス
後ろはどうなっているかっつうと」



Photo_2

「 結構 攻めていらっしゃったのね」



「ええ」



「ドラゴンちゃん
出し惜しみはしませんっ!!」



「しませんっ!!!」



「そういういさぎの良い部分を
関係者の皆様
マニアの皆様



評価して戴きたいっ!!」



「戴きたいっ!!!」



「ぱっつん前髪は
伊達じゃなくてよっ!!」



「なくてよっ!!!」



「・・・とドラゴンちゃんの売り込みも
終わったところで」



「はい、次の方〜〜〜」



「歯医者の受付じゃないんだから」



「次はね残念な方がた〜〜!!!



「ってか、あーたが褒めるっての
あんまし見聞きしないけどー」



「あら、あたし
褒める時は褒めるわよ。



だけどさ
これはいただけないわ〜〜ってのが、どんっ!!」



79293original






サンドラブロック 姐さん
じゃないの〜〜!!!」



「ハンサムウーマンな彼女
あたし達も応援したい!!」



「したいけど、いかんせん
このドレスはね〜〜」



「なんか
もたついてるよね」



「このドレスなんか刺繍が邪魔ってか・・・」



「なんか、ねえ??」



Photo

「上と下を
無理やり
刺繍でまとめたって感じ」


「もうちょっと
白の分量が少なかったら良かったのかも」



「かも〜〜」



「それとさー
気のせいかもしれないけど
サンドラさん・・・引っ張った??」


「な〜〜んか、お顔が、ねー」



「ねー」



「なんかこう、突っ張って
固まってきた感があるよね」



「う〜〜む」



「スターさんのお直しは
商品のメンテナンス的意味合いも強いから
否定はしないけど」



「けど」



「気をつけてっ!!」



「気をつけてっ!!」



 

「でもさ
お顔がーってのなら
この人にかなう者なしっ!!!」



79279original

「あれっ??
あれっ???



なんかお顔のパースが
おかしなことになってな〜〜い???」



アントニオ・バンデラス
メラニー・グリフィス 夫妻



「あたしのPC
夫妻が負債って変換されて
びっくりしたわっ!!」


「・・・まだ別れてはいなかったんだね」



「だね」



「メラニーはバンデラスより
3つ上の姉さん女房で
1957年生まれ」



「モテモテバンデラスの愛を繋ぎとめるために
整形を繰り返していることも有名で
マイケルジャクソン と同じ
整形ジャンキーみたいになっちゃって
バンデラスが整形禁止令出したとか、ねー」



「おみ足の持ち主お答え編でも
ご紹介したわね
繰り返すけどお直し自体はスターさんである以上
否定しないけどー」



「ちょっと、これは、ねー」



「怖い」



「怖いわね〜〜」



79282original Photo_2




















「もう本当に
止めたほうがいいと思うわ〜〜」


「ね〜〜〜」



「旦那のバンデラスも
「薄まってきた」ようだからさ」



「もうね
ここいらで」



「ここいらでー!!」



「やっぱさ
色々にじみ出るねえ〜〜」



「出るよね〜〜〜」



「出ると言えばさ
あのケリー・オズボーン
ファッションレポーターとなって
あれこれいっぱしのこと言っているっつうから
一体どんなドレスで??って
みんなこういう場所では彼女に対して
ハードルがあがっている訳じゃない??」



「うんうん」



「で、彼女のドレス姿が、これ」



79219original 「あら、カーヴィ〜〜」



「・・・そこ?」



「だって
痩せて綺麗になったわよ
確かに、さ」



「あたしは
どんなに痩せても
彼女のエラは削れないのねーって」



「まあ、意地悪!!!」



「・・・あーたも思わなかった??」



「・・・そ、そりゃちょっとは
・・・思ったわよ」



「思ったでしょ??」



「思ったけどケリーちゃんは
Photo_5   



とか
頑張ってセクシー路線Photo_6



とかもやってみたけど
結局は1_3



だったりしたわけだからさ



やっぱり優しい目で見守ってあげなくちゃ!!」



「なんで部分部分小さくなってんのよ!」



「・・・だって〜〜〜〜」



「小声の部分は皆様、クリックなさってね」






「でも彼女はさ
基本ご陽気なオーラがあるじゃない??」



「うんっ!」



「あたしがちょっと
心配なのが
この方ね」



79253original

ミシェルウィリアムズ



「不思議ちゃんキャラで
売っている人ではあるんだけれど」



「なんかさ
赤い和蝋燭みたいね」



Aka 「ま、そこもなんだけどさあ
なんか
表情が明らかに
「悪く」
なってきてない
??」



「そう??」






ひよこちゃん時代
表情とぜんっぜん違うっ!!」



「あら、そういえば
グラミーでも
そんなこと言っていたわねあーた。」


Photo_7


「そうなのよ。



これ、メイクの加減だけでは
ないはずー」



「そうねえ」



「マチルダちゃんもいるんだから
ここはちょっと頑張って」


Photo_8



「もっと明るい
ひよこちゃん時代の表情を
取り戻して戴きたいわね」



「わね〜〜〜っ」



「やっぱさ
人間
ご陽気オーラって大事
よ」



「あ、それはね〜〜」



「あーたの場合は
おばかちゃんオーラと
同意義になっちゃってるけどね〜〜」



「し、失礼ねッ!!!」



「皆さん、お間違えなく!!!



大事なのは
ご陽気オーラよ〜〜!!!!」



「ふんっ!」




 


posted by kazoo at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ふわ〜〜っしょん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする