2015年01月18日

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

ネブラスカ.jpg

「2015年ですッ!!」

「ですッ!!」

「2015年
一番最初の映画に耽溺〜!!」


「そして2014年映画の中で
わたくし達的にNO.1作品だってことで・・・」


「そうそう」

「これさあ
邦題でちょっと損しているんじゃないかって
あたし、思うんだけど〜」


「またそういうことを言う〜〜」


「だってさ〜なんか
「ふたつの心をつなぐ旅」って
ちょっとベタベタ
ツーマッチウェッティなイメージじゃない??」

「う〜ん、まあねえ」

「いっそ原題通り
ネブラスカだけで良かったのに」

「内容的に
確かにウェッテイな部分だってあるんだけれど
決してベタベタしている訳じゃない。

すごく「乾いている」よね。」

「そうなのよ。
そこがいいじゃない??」

「アメリカの風景が
また、いいのよ」

「モノクロだから
ずーっと画面の中に
乾いた風が吹いている感じで」

「うんうん。」

「そういう訳で
あたし達大推薦
大絶賛のこの作品から
2015年はSTARTよッ!!!」


「そうなの!

邦題もだけれどさ
なによりわたしは最初
「今時モノクロ〜〜??」
って思っちゃったのね。」

「うんうん」

「なんかさ
今時モノクロで雰囲気重視の
頭でっかちムービーだったら
嫌だなあ・・・なんて思ったんだけれど」

「と〜〜んでもない!!」

「と〜〜〜んでもない!!!」

「頭でっかちムービーどころか!だわよ」

「観た人によってはさ
小津映画の影響だとか
あれこれ語る方もいらっしゃると思うけれど」

「なにより
アレクサンダーペイン監督
「人間が好きなのね」っていう、さ。」

「うん。
しみじみと、ね。」

「観ているうちに
わかるよね〜〜〜。
モノクロでなくちゃいけなかった理由。」

「うんうん。

このストーリー
色で邪魔されたくなかったし
モノクロだからこそ
伝わってくる!!」

「そうよねえ」

“モンタナ州のウディ・グラント様 我々は貴殿に100万ドルをお支払い致します"
誰が見ても古典的でインチキな手紙を
すっかり信じてしまったウディは、
ネブラスカまで歩いてでも賞金を取りに行くと言ってきかない。

大酒飲みで頑固なウディとは距離を置く息子のデイビッドだったが、
そんな父親を見兼ね、
骨折り損だと分かりながらも彼を車に乗せて、4州にわたる旅へ出る。
途中に立ち寄ったウディの故郷で、
デイビッドは想像もしなかった両親の過去と出会うのだが―。
・・・っていうのが
主なるストーリーなんだけど」

「あたしが感心したのはさ
家族ってのは
とっても近いけど
でも実のところとっても遠かったりもするじゃない?」

「ん?どういうこと??」

「例えばさ
あーた自分の両親のこと
ほんとに知ってる??
わかってる??」

「え〜〜〜
うちの両親は良い子よ。」

「・・・いや良い子とかそういうことじゃなくて」

「なによ
うちの両親、悪い子とでも??」

「そうじゃなくてさあ
あーた・・・厄介な子?」

「誰が厄介な子よ!失礼な!!」

「あーた
例えば父親がどんな女性と付き合っていたとかさ
知ってる??」

「いや〜〜〜
それ、どうなのよ。
別にそんなこと
知りたいとは思わないけど〜。」

「でしょ?
なんかさ
結局人って自分が知りたいことしか知ろうとしないじゃん」

「まあ、ね。」

「で、その限られた情報量の中で
「理解している」「知っている」って思っているものなのよねえ」

「そう言われればそうだけど・・・」

「この父親ウディ・グラントは
大酒飲みで頑固ものなんだけれど
そこには「理由」があったのよね」

「ああ、そうね。」

「息子デイビットは
それを知って
本当に驚くじゃない?」

「うん」

「あれ観てさあ
あたし
なんか泣けてきちゃって」

「なんでよ〜〜」

「いや、あたしの亡くなった父親がさ
あたしと一緒に
昔住んでた所に旅行に行きたいって言っていたのよ。」

「へえ〜」

「だけどさ
あたしにとっては
父親って微妙に煙たい存在だったしさあ
別にあたしと一緒じゃなくてもいいじゃないのって思って。」

「うん」

「夫婦で行けばいいじゃんとか
弟と一緒に行けばいいとか言って
うやむやにしちゃったのね。

だけどさあ
もう
ほんとに後悔先に立たずだけれども
行けば良かった
行っとけば
違う顔が見られたかもしれないのにってさあ・・・」

「・・・・」

「このデイビットを
「孝行息子」って一括りにするのは
簡単だと思う。

でも
本当はさ
デイビットが父親に「興味」を持つことによって
その「興味」が広がることによって
物語はほんとの意味で
始まっていっていくのだ
とあたしは思ってさ〜」

「・・・・」

「だってわかりやすく放っておくより
適当に関わる方が却って楽だってことだってあるもの。

昼だけじゃなくて「夜」も一緒にいるっていうのって
やっぱり踏み込む気持ち
ほんとの意味で
「興味」が出てきてからのことじゃん??」


「そうね」

「デイビットがパンチするシーンがあるじゃん?」

「ああ、あのシーンね」

「あれもさ
旅の最初だったら
すーっと流していたと思うのよ。」

「あ、そうかもね」

「だけど、あのパンチでさあ
ああ、デイビット
ほんとの意味で
父親に気持ちを添わせたんだなあって
切なくて
嬉しくて」

「うんうん。」



「主役の父親
ウディ・グラントをやるのは
ブルース・ダーン。。」

「あーた的にあれこれシンクロした物語だったのね」

「うん。

まあわたしの事はともかくとしてもさ
ほんとに
「興味」のあり方ってことについて
とても考えさせられたっていうかさ・・・そういう作品だったの。」

「うん」

「ブルース・ダーンが寝ているその寝顔が
生きているのか
ひょっとして死んでいるんじゃないかってな
なんというか
境界線の顔

そこもまたリアルでさあ
グッとくるのよね。」

「ああ、そうね〜」

「興味を持って
向き合っても
残された時間はとても少ないという現実を
寝顔一つで伝えられてしまうのよ。」

「それと親戚の家に集まって
他人とは違うから
結構突っ込んだやり取りがあったりするのに
ギリギリのところで取り繕ってみたりとか」

「ああいうのって
国が違っても一緒なのね〜〜」

「ね〜〜〜〜」


「口うるさくて
お金が入ったら
旦那を老人ホームに入れるわって言っている
あのウディの奥さんの「啖呵」シーン!」

「なんだろうね
あの
深い深いところで
繋がっている感じ」

「奥さん役のジェーンスキップ上手!」

「アハハ
強烈だけどね。
上手!!!」

「割れ鍋に」

「綴じ蓋」

「ああいうのはさ
若い夫婦には
醸し出せないよね」

「そりゃそうだわよ。」

「とにかく
結局100万ドルは手に入れられなかった
ウッデイの物語の
あの着地の見事さ!!

「とても素敵で
あざとくなくて、ねえ」

「男同士のロードムービーに
ハズレなしッ!」

「なしッ!!!」

「胸が熱くなる展開と
見事な着地」

「ぎゅっとくる
大切な一本よね。

ぜひ!」

「ぜひッ!!」









posted by kazoo at 14:19| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画(な) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

なんちゃって家族

91VdmjQPzmL__SL1500_-thumbnail2[3].jpg
「いやあ
毎回言っているけど
この残念な邦題に負けて手に取らないのは
もったいないわよね。」

ジェニファー・アニストン
男運は悪いかもだけど」

「そんなこと言わないの!」

「この間2人で観た「モンスター上司」に続き
彼女
なかなかのもんだったわよね。」

「うんうん。
彼女、ストリッパーの役なんだけどさ」

「そうそう。」

「すっごく鍛えていて
無駄のない身体つきなんだけど
若干寸胴気味でさ
貧乳。」

「あーたに言われたくないと思うわ
天下のブラピの元妻よ〜〜???」

「元妻だろうがなんだろうが
あーた
鍛えているけど
色っぽくない身体なんだもん
仕方ないじゃないの」

「・・・・」

「それでもさ
可愛い。」

「あら」

「なんか大声で
ブラック〇○〇とかでっかい声で言っていジェニファーって
ほんと可愛いのよね〜〜〜」

「確かに」

「これお話は
「んな訳ねえだろっ!」ってことの連続」

「確かに」

「まずマリファナの売人をやっているデヴィッド(ジェイソン・サダキス)は、
近所でパンク野郎3人組に襲われ、
マリファナと金を奪われてしまう。」

「ジェイソンはいわゆる小悪党。
ドラッグ売人ではあるんだけど
でっかい取引なんてしない、できない
ただただ
モラトリアムで気がついたらマリファナ売ってた的な男。」

「で、麻薬の元締め(エド・ヘルムズ)にそのことがバレると、
代償として、次のブツをメキシコから運ぶという仕事を
引き受けざるを得なくなる。」

「この元締めがまあ
ゲスいゲスい。」

「自分で言ってるけどね
ほんっとゲスいの。」

「ジェイソンに無理難題言っているくせに
お金の使い道がないとか言ってさ
オルカを水槽に飼っているくらいゲスい。」

「アハハ」

「メキシコから捕まらずに麻薬を運ぶためには?! と思いついた計画は、
家族旅行を装ってキャンピング・カーで密輸すること!

独身のデヴィッドは、クビになったストリッパーのローズ(ジェニファー・アニストン)、
SEXのことで頭モンモンの童貞ボーイ、ケニー(ウィル・ポーター)、
万引き常習犯のホームレス少女ケイシー(エマ・ロバーツ)の4人で家族を装って、一路、メキシコを目指す。

彼らは、キャンピング・カーいっぱいに麻薬を積んで、
無事、国境を超えることができるのか??

・・・ってのがそのあらすじなんだけど」

「とにかくそれぞれの
キャラがはっきりしているし
かなりリアルとシンクロ・・・」

「え〜〜〜〜!?」

「だってさ〜
エマ・ロバーツなんて
結構厄介な性格しているって聞いてるわよ〜」

「あー2013年には確か
恋人にDVで逮捕されてたよね?」

「DVうけた方じゃなくて?」

「やった方!」

「激しいわね〜〜〜」

「でも、その恋人エヴァンピーターズとは
婚約したんでしょ?」

「そうらしいわ。
あの逮捕は「誤解」だったって。」

「誤解!」


「おばさんであるジュリアロバーツ
若すぎるって反対しているらしいけど」

「ジュリア・・・ねえ」

「そう、ジュリア・・・」

「同じ年代の頃
24男を手玉にとっていたくせに
お前が言うなって気が・・・」

「こらこらこらこら」

「ま、とにかく
そんなエマがホームレス少役!」

「結構奔放で激しい性格なんだけど
お嬢様ルックになったら
それなりに見えて、ね」

「うんうん。
そんでなんか根底のところでは
人懐っこいっていうか
人を求めてるっていうか
そういうキャラ」

「あの変身ぶりは「女って服装で変わるよね〜」だったけど。」

「それはジェニファーもそうよね。
ストリッパーから
いかにも、な「奥さん」に変身しちゃってさ」

「でも、あたしが一番驚いたのは
主人公やった
ジェイソンサダキス!!!」

「別人!!!」

「別人!!!」

「男ってさ〜〜〜
ヘアースタイルで変わる〜〜〜〜〜」

「よくさ一般人を変身させるTV番組とかあるじゃん??」

「あるある。」

「あれさあ
そこらのおとっつぁんに着こなせもしない
書割みたいな服着せて
「変身しました!」とかやってるけどさ〜」

「随分な言い様ね〜」

「ヘアースタイルを変えるだけで
ほんっとうううううううううに、か・わ・る!!!!」

「嘘だと思ったら
この映画観るといいわよ〜〜」

「で、そのヘアースタイルの
オーダーシーンが結構
わたくし、お気に入り♪」

「あ、あそこね」

「うふふふふふふ」

「うふふふふふふ」

「まあ
すったもんだあれこれありながらも

「他人」だったはずのメンバーが
「家族」になっていくという、ね。」

「つくづくこういうの観ると
アメリカって移民の国ね〜って思っちゃう。」

「そうね〜〜
血のどうのこうのっていうのだって
もちろんあるんだけれども

それはそれとしてさ

そもそも「家族」の芯になるのが
「夫婦」だとしたら
その
「夫婦は他人だものねえ」

「そうそう。

だからこそ
「作り上げていく」ってことよね」

「まあ、そんなシリアスな作品じゃないけど、さ」

むしろ
馬鹿映画だけどさ

「アハハハ」

「アハハハハ」

「あたし爆笑はしなかったけど
クスクス笑いだったわ〜〜〜」

「あ、あたしはニヤニヤ笑いだった〜〜〜」

「何よりも
童貞ボーイケニーを演じた
ウィルポーター
撮影当時19歳だったらしいわよ!!!」

「・・・・体張ったわね〜〜〜」

「全力投球だわよ〜〜〜〜」

「19歳っつうたら
思春期・・・・」

「青い春」

「なのに・・・」

「なのに・・・」

「その勇姿をッ!!!」

「観るのよッ!!!!」

「観なくちゃ!!!!」

「馬鹿映画&TLC
万歳〜〜!!!!!」

「こらこらこらこら」







posted by kazoo at 15:59| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画(な) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!!




91inajFySAL__SL1500_.jpg
「おかずですッ!」


「ずーこですッ!!」


「2人揃って」


「映画に耽溺〜〜〜!!!!」

「ボリウッドです」


「おなかいっぱい〜」


「いやあ
ほんっとおなかいっぱい〜〜〜」


「コメデイと思えば」


「シリアス」


「シリアスと思えば」


「ラブストーリー」


「ラブストーリーと思えば」


「BL」


「えーッ???

友情物語でしょッ!?」


「だーってあんな舐めるようなカメラワーク」


「・・・た、確かに」


「物語は

世界一のセレブ学園、

聖テレーザ学園の中で起こりますのよ。」


「セレブ学園!!」


「だーってそういう設定なんだもん。


ただ

この聖テレーザ学園

2つに大きく分かれてるの」


「頭や運動、実力で入学してきた生徒たち」


「それと

お金で入学してきた生徒たち」


「ま、

よくある構図なんだけど

インドじゃカースト制度があるからさ」


「なんか微妙に2つのグループの対立ってのも

深い感じがするよね〜〜」


「で、毎年、学力、ダンス、運動能力を競う競技に勝ち抜き

“生徒No.1"を決める大会が開催されているのよね。」


「優勝者には一流大学への推薦入学が約束される。

学園が全費用もつってんで

そりゃああーた

いろんな意味でBIGチャンス!!!」


「今年の注目はロハン(ヴァルン・ダワン)。

父は実業界の大物で申し分ないんだけれども、

ロックスターを目指している ことを反対されてて

親子関係はうまくいっていないの。」


「ま、この父親ってのが

自信も金も野心も持ってるけど

はっきり言って

ゲス!」


「油ギッシュでね〜〜〜」


「でも、いるよね〜

こういうオヤジ」


「いるいる。」


「そんなところへ、中流家庭出身ながらスポーツ万能、ダンスのキレ良し、

頭も良くておまけにナイスガイのアビ(シド・マルホトラ)が転校してくるの。」


「このアビが!!!!

アビが問題ッ!!!」



「何をやっても目立つアビはロハンと対立するんだけれども

徐々に二人の間には

良きライバルとして友情が芽生えてくのよね。」


「うんうん」



「だけど、ロハンのフィアンセ、シャナーヤ(アーリアー・バット)とアビが急接近、

3人の関係がぎくしゃくし始める。」


「これはさあ

わたし思わず歌っちゃったわ。


「喧嘩をやめて〜〜〜

2人を止めて〜〜〜〜

あたしのために〜〜争わないで〜〜〜〜♪」


「・・・ふるッ!!」


「シャナーヤを演じる

アーリアーは

絶世の美女・・・って訳ではなく」


「ボリウッド映画には

と〜〜んでもなく美人なヒロインが出てきて

びっくりさせられるけれど

彼女は

結構親しみのわくというか

隣のおねえちゃん的ルックスよね」


「ね〜〜〜

でもそんな子が

ブランド好きで

いい男2人から言い寄られまくって」


「ぐふふふふふ」


「ぐふふふふふ」


「少女漫画」


「少女漫画」


「そんな中、いよいよ生徒ナンバー1を決める大会が開幕する。

夢と希望とプライドを賭けて、

恋を取るのか、友情を取るのか。」


「さあ、果たして生徒No.1は誰の手に・・・?っていうのが」


「主なストーリーなんだけど」


「一番の見所はなに??」


「なんつうても

「ここ、観客の皆さん観たいでしょ??

じっくりみたいよね??」

って製作者が思ったんだろうな〜〜って部分が

ことごとくねちーっこく・・・


「そう

ねちーっこく!!」


「海に入ったボーイズの

見事な割れた腹筋とかさ」


「ねちっこいよね〜〜〜

写し方が〜〜〜」


「そうそうそう!!!


でもそんなことより


もーっと凄い見所があるのよ!!この作品!!!」


「どこ??

どこだっけ???」


「アビをやるシド・マルホトラが!!!!」


「が???」


「ま〜〜んま

平井堅ッ!!!!!」


「きゃーーーーーーーッ!!!!」


「きゃーーーーーーーッ!!!!」


「いや、マジで

もう

ほんとにそうとしか見えないのよ〜〜〜」


「笑っちゃうくらい、マンマよね!」


「平井堅が割れた腹筋!」


「平井堅が喧嘩を止めて〜〜!」


「平井堅がディスコでダンス!!」


「平井堅が野心!!!」


「平井堅が!」


「平井堅がーーーーッ!!!!!」


「あたしさあ

その1点のみでも

見る価値あると思うわ」


「そ、そう??」


「だーって平井堅よ〜〜〜?」


「いやだから平井堅だからどうなんだって」


「いや

あの海パンいっちょの平井堅は

必見よ!」


「シリアスなのか

コメデイなのか

ゆらゆら揺れる

製作者の胸の内」


「だけど揺るがぬ

平井堅!」


「・・・いやちがうけどね」


「平井堅!!!!」


「・・・・・・・・・・・・・」


「平井堅は

必見よッ!!!」


「・・・・・・・・・・・・・だから違うけどね。」






 

posted by kazoo at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(さ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。