2016年03月23日

家族はつらいよ

T01a_166267.jpg

連休明けの田舎の映画館。
お〜〜〜
結構な人出ざんすよ。

このところ
はからずも追いかける結果となっている
山田洋次監督作品。

前回の「東京家族」のキャストそのままで
もう1本撮ってみたいと監督が思ったそうで

それにしても
結構、入っているなあ〜〜。
年齢層は高め。

平日でこれって
なかなかたいしたもんだわ。


今回は「熟年離婚」がテーマの喜劇。

ある程度
先が読めるっつうか、べタと言えばべタな内容かもしれない。

しかし
べタでも上等なべタ。

で、東京家族と
同じ場所で、微妙に異なる「家族」の物語が
語られる。

例えば
「東京家族」では、ちょっとずれてはいても
頼れる長男だった西村雅彦

今回はなんとか面倒を避けたい
でも「いい格好しい」で
自分の家族が一番さ!な、典型的小市民に描かれているし

 嫁に出てるけど
「実家のことはいろいろ心配している」って
狂言回し的存在の長女は

「結局、今のこの家のいろんな問題、バランスは
わかっていない。
外から言っているだけだ」
って

次男の妻夫木に鋭く指摘されちゃうし。

そうそう
例え家族であっても、だわよねえ。

で、「わかっている」そんな妻夫木は
ピアノの調律師で社会的に成功している・・・とはいいがたく

でも
そんな彼が結婚するとなって
家を出るとなった時

長男の嫁がしみじみと
「この家は貴方がいなくなったら
(クッション材をなくして)
どうなるのか・・・」

と嘆き
次男は
「大丈夫
近くにいるんだから
何かあったら呼んで」

「義務は果たして」
「自分の未来」に思いをはせる。

その未来は
おそらく
彼が長い間実家の中で育んできた

「思いやりの実現力」というものに
裏打ちされていくことだろう。

長男の嫁はそれを知っていて

婚約者である
蒼井優

「私は貴方が羨ましい」というシーン。

そう、長男の嫁は
今まで以上に
「当事者」となるんだ。
だからこそ
「俺たちは大丈夫だよな??」
って聞く旦那に

「いつまでもつか・・・」

いやあ、ほんっと
隠された毒がじわりと効いて
だからこそ笑える。

それにしても、だわ。

「東京家族」では長男が医者
「家族はつらいよ」では
蒼井優の役が看護師。

それって「ラッキー」だわよねえ。

家族の形が
変容し、あれこれと価値観も変わった現代。

毎日いろんな家族の「事件」がニュースをにぎわしている。

それでもさあ
観客が
よく笑う。

わたくしはというと
橋爪功演ずる主人公のありようが、

「これで九州弁だったら、
まんま亡くなった国王じゃん!!」

って、笑ってて
いつの間にかの泣き笑い。


今、どこにでもある話、
観ている人がさ
「あるある」って思える

エスパーもタイムトラベラーもヤンキーもホストも出てこないけれど、

こういうウェルメイドな話を撮れるのって、
ひょっとすると山田監督が最後かもしれないって思いながら観賞したのさ。


映画が終わって
場内が明るくなった時

なんか皆さん晴れ晴れとした顔をしていて

「あの靴下!!!」

「あんなできた嫁、いないわよねえ」

とか話しながら出て行ってるのが
非常に印象的な・・・あははは。

あ、あと
「トト」が可愛いぜ〜〜。







posted by kazoo at 14:25| Comment(2) | TrackBack(6) | 映画 (か) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする