2014年12月19日

ノエル

「NOEL」


そう
クリスマス映画です。


な〜んかさ
ほっこりしたかったのよ〜


いろんな人が出ていて
いろんなエピソードが絡まって
そして
幸せに着地
・・・ってのは



ラブアクチュアリー

あたりからの
人気のパターンかしらんね

わたくしも物語の
「幸せな着地」を期待して
この作品をセレクト。


たたでさえ
あちゃらの
クリスマスと
フルムーンには
「ミラクル」が起こって・・・ってのが多い。


だからこそ
出演者の顔ぶれが大事なポイント。


NOELには

目力のスーザンサランドン


細身で巨乳のペネロペ・クルス


ほんとは嫌な奴って噂も聞くけど
巧いのよね〜アラン・アーキン

スピードだけじゃないぞ
キュートなポールウォーカー

この人みると
西田敏行を連想するのよ
ロビン・ウイリアムス


ふむ



結構なもんじゃない?


渋い脇役

チャズ・パルミンテリが監督なのね

役者が
監督の作品ってのは

思わぬ拾い物ってのが
あるから


チャズ・パルミンテリ

いい役者だしさ

な〜んて
ぶつぶつ言いながら



実のところ正直に言ってしまえば
わたくし
ポール・ウォーカー」目当て。


ええ。


だって彼
キュートじゃん


この作品の中では
警官役


ペネロペクルスと
1週間後には結婚するという


で、
ペネロペ演ずる婚約者が
あまりにあまりに
魅力的なもんだから


心配で心配で
心配で心配で


すぐにジェラっちゃうポール。


その好き好きスーさんっぷりに
ペネロペちゃんは


「愛されているのは
いいけれど
こんなんじゃあまりにも・・・
結婚しても大丈夫かしら?」


と不安になっているという設定。



まあ
綺麗な男と女が
いちゃいちゃするシーンは
目のご馳走



ペネロペちゃんの
ダンスシーン

ふくよかな
胸の谷間



そりゃあ彼が
好き好きスーさんになってしまうのも
仕方ない


仕方ないわねって
納得できるチャーム。


ポールが
ペネロペに
「もう一度チャンスを!」

と掻き口説くシーンは


「いい男が
濡れた子犬の目」

もうっ!!!


もうもうもうっ!!!!!



鉄板ざんすよ
奥さん!!



もってけドロボー!!!



アハハハ


でも



それよりなにより



この作品は
スーザンサランドン演じる
ROSEが、ねえ。


ROSEは
母親の家に住んでいて


仕事も充実していて。


バツイチ
子供なし。


で、
現在
恋人なし


イブはプレゼントを抱えて
病院へ。

ん?


病院???


そう



彼女はもう何年も
認知症の母親を
看ている。



「もうそろそろ
自分の人生を
取り戻しなさい」


「デートして
ベッドインしなさい」



周りは言うけれど
彼女には
そのチャンスも訪れるのだけれど
言い寄られたりもするのだけれど


ぎりぎりのところで
踏ん切りがつかない


ダメなの

その気になれない。


文化は違うけれども
わたくしには
彼女の
一生懸命さ


そして
孤独


憂鬱が


鬱屈が



本当に



しみる。



そりゃあ
その一歩を踏ん切れば・・・かもしれないけれど


彼女の抱える
「現実」が
それで帳消しになって
癒されるってもんじゃない


話しかけても
写真を壁中に飾っても


ツリーを持って行っても

何の反応もない
母親



ドクターが言う

「記憶もなくし
すべてを忘れても


感情はある。



だから

今更かもしれないけれど


僕は家族には
肩を抱いて
手をとって話してって勧めているんだ」



「そうね」




判っている。



判っているのよ。



けれど
どんなに彼女が肩を抱いても
話しかけても
手を握っても
変わらない



それどころか

食事もとろうとしない母親


このままでは
挿管も考えなくてはと
ドクター。

「・・・大丈夫
今からこのツリーを飾って
ケーキを2人で食べて」



ああ



そこに
新しい恋が訪れたら
彼女は救われるの???


出会いがあれば???



彼女に訪れる
奇跡。



救い。



わたくし
声が出ました。



泣きました。



小さな・・・だけど


決定的なできごと



「だからこそ」の彼女の一歩。




介護真っ最中の方
観て欲しい。





そんな余裕はないかもしれないけれど。



そんな作品。



NOEL



貴方に訪れるはずの
クリスマスの奇跡を
わたくしも
信じたい。







posted by kazoo at 15:40| Comment(0) | TrackBack(8) | 映画(な) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

NOEL ノエル
Excerpt: 昨日の「ソニー」はニコラスケイジが監督だったが、今日の「ノエル」も俳優であるチャズパルミンテリが監督である。ニコラスケイジと違って知名度は低いけど、映画をよく見る人なら彼の顔を見れば「あ〜この人か」と..
Weblog: シネマ日記
Tracked: 2014-12-19 15:53

NOEL ノエル −星降る夜の奇跡−
Excerpt: 『NOEL ノエル −星降る夜の奇跡−』---NOEL---2004年(アメリカ)監督:チャズ・パルミンテリ 出演:スーザン・サランドン、ペネロペ・クルス、ポール・ウォーカー、アラ..
Weblog: こんな映画見ました〜
Tracked: 2014-12-19 21:00

「NOEL/ノエル」
Excerpt: 「NOEL」2004 USA 東京国際映画祭(2005)上映作品 舞台はニューヨーク、クリスマス・イヴ。 素敵な人間模様を描いたヒューマン・ドラマ。 主演ローズにオスカー女優「デッドマン・ウオ..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2014-12-19 22:29

NOEL ノエル (2004) NOEL 96分
Excerpt:  クリスマス・イヴのニューヨーク。出版社で働くバツイチのローズは、仕事と重病の母親の看病に明け暮れ、自分の幸せを諦めかけていた。結婚を目前に控えたニーナと警官のマイク。幸せいっぱいの2人のはずが、マイ..
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2014-12-20 06:36

NOEL-ノエル-
Excerpt: 6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 何とな〜く、地味で盛り上がりに欠ける映画なのかなぁ〜なんて勝手に思い込んでいたので、ず〜〜っと観るのを躊躇してました。 が、ワタ..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2014-12-20 09:10

「NOEL ノエル」感想
Excerpt: 「ラブ・アクチュアリー」「大停電の夜に」のような群像クリスマスバージョンとでもいいましょうか。BS2で放送してくれたのを鑑賞♪ スーザン・サランドンのパートがすごく良かったです。4つ☆
Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫
Tracked: 2014-12-20 15:40

NOEL ノエル
Excerpt: クリスマス・イブの夜。重病の母の看病をする中年の女性、もうすぐ結婚なのだが、不安を抱えるカップル、どうしてもクリスマス・パーティをしたい寂しい男・・・。幸せが降るはずの夜なのに、クリスマスなんて。 ..
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2014-12-27 14:13

『NOEL(ノエル)』
Excerpt: ----この映画、タイトルから女性映画ってイメージがあるけど…。 「女性映画って言葉もどうかとは思うけど、 まあアクションやSF、ホラーじゃないことは明らかだ(笑)。 ただ、甘い恋愛映画かと言うとそう..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2015-01-12 16:28