2014年11月12日

コララインとボタンの魔女


怖い話し





怖い話と言えば
2008年
この夏一番切なく怖かった話って記事で

怖いお話をご紹介しました。




その記事は結構
今でも
読んでくださる方が多くて
ふむ
みんな
怖い話し
好き??
好きなの???





で、
今年はさ
とりあえず
わたくし
これが怖かったのよ。





コララインとボタンの魔女





「え〜〜っ!?
だってこれ
ファンタジー映画じゃないの??


見る限り
キャラ造形も可愛いじゃんか」





そうでしょう?





そう思うでしょ???





そ・れ・が・さ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




そもそも
あの名作





ええ
名作と言い切ってしまうけど


ナイトメアー・ビフォア・クリスマス


ヘンリー・セリック監督が作った
新作だからさ


「可愛い〜〜〜♪」
「いや〜〜ん♪」だけの内容であるはずがない。


ないっす。



ダークファンタジーっつうかね。




11歳の少女コララインは、
引越ししたばかりの家で、
封印された小さなドアを見つける。

それは、驚くべき“もう1つの世界”への入り口だった―。

ドアのむこうでコララインを待っていたのは、
花が咲き誇る美しい庭、
心踊るサーカス、
そしてコララインの願いを何でも叶えてくれる“別の”ママとパパ。

ただ1つ奇妙なのは、ママもパパも目がボタン…。

「こっちの世界の方が、全然素敵!」

楽しくて、夜ごとドアを開けるコラライン。

しかし、美味しい話には罠があった!

別のママが優しい声でコララインに語りかける。
「ここが気に入った?ずっと居ていいのよ。

ただ1つだけ条件があるの。
目をボタンにしましょう…。


次第に明かされる、別のママの恐ろしい秘密。
コララインは慌てて現実の世界へ逃げ帰るが、
本物の両親は姿を消してしまっていた…。


ってのがその内容なんだけど・・・




何が怖いって
この「ボタン目のママ」!!!!



すっごく
キュートなルックスなのにさ





目がボタン





ただそれだけなのに
なんでこんなに怖いのか???





日本には
目は口ほどに
ものを言う
って言葉があるじゃん??





ボタンママの目ってさ
黒目ばっかで
「よめない」のよ!!!




そこが、ねえ〜〜〜〜


そこが、怖い!!!!





いやだ〜〜〜〜〜〜





しかも、このボタン目のママは
すんげ〜コントロールフリークなのよ〜〜う





きゃーーー!!!!



大体がこの
「コラライン」って女の子


「キャロライン」っていう
よくある名前じゃなくて
「コラライン」


すっげーもう
そこからして
ちょっと生意気でさ


自意識過剰気味な子供だってこと
解ると思うんだけれども





よくさ



子供が
「もっと物分りのいい親が欲しい」って思うってのは
パターンじゃない??





今は
子供だけじゃなくて
アダルトチルドレン
結構な大人でも
んなこと言っている奴
多かったりするけれど。





でさ
映画の世界じゃ
しっかりその望み
叶えられるのさっ!!!





美味しい料理作ってくれて
優しくて
かまってくれて
かまって
かまって

かまってくれて





でも




・・・・


・・・・



「ここが気に入った?ずっと居ていいのよ。
ただ1つだけ条件があるの。
目をボタンにしましょう…。





きゃ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!





いや
観ていると
つくづく
あちゃらのママって
「自立」だの
「キャリア」だの
忙しいのね〜〜〜〜〜って。





ま、日本もか。



わたくし
「追いかけられる」って夢
結構みるんだけれどさ




封印されたドアをこじ開け
ふわんふわんするその穴の中を
あちゃらの世界に向かうコララインの姿が
もろなんか
その夢と
リンクしちゃってさあ




そう!!!



そうなのよ!!!





ナイトメアー・ビフォア・クリスマスはさ
わたくしの中で
「物語」



「お話」だったんだけれども
それで気持ちよく「消化」すること
できたんだけれども





コララインとボタンの魔女は
わたくしの
寝苦しい時に観る「夢」とダイレクトに
直結しちゃっている
ような
なんちゅうの?



気持ちの落ち着きが悪いっちゅうのか


そんな怖さがあるんだわ。





ひょえ〜〜〜〜〜〜〜〜





「な〜〜に言ってんだか。


たかが映画じゃないの」





いやいやいやいや





この映画
結構
トラウマベースだわよ〜〜〜





あ、そうそう
これ3Dってことだったんだけどさ

わたくしは
3Dじゃない形で観ましたの。





え?
せっかくの3Dを無視して
観た???





そんなんだったら




・・・・


・・・・



目をボタンにしましょう…。








きゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!








や〜〜め〜〜〜て〜〜〜〜!!!!!









この怖さ


判る方

いるよね???



いるよねえ???




絶対


わたくしだけじゃないと


信じたい〜〜〜〜〜〜





ひ〜〜〜〜〜〜〜〜ん







posted by kazoo at 13:01| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 (か) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

コララインとボタンの魔女
Excerpt: 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の監督さんの新作ダークファンタジー。 楽しくて夜ごとに扉の向こうの世界へいってしまうコラライン。でもあるとき別のママが優しい声でコララインに「ずっとここに居..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2014-11-12 17:55

「コララインとボタンの魔女 3D」 ヒトリボッチの世界
Excerpt: 昨年末の「アバター」は3D映像をコンピューターを駆使することによってすごくナチュ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2014-11-13 20:29

コララインとボタンの魔女 3D・・・・・評価額1600円
Excerpt: 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」や「ジャイアント・ピーチ」で熱烈なファンを持つ人形アニメの鬼才、ヘンリー・セリック監督の最新作「コララインとボタンの魔女」が、米国リリースから一年遅れで、ようやく..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2014-11-13 23:06

コララインとボタンの魔女
Excerpt: 築150年のピンクパレス・アパートへ引っ越してきた少女コララインが、新しい家で見つけた小さなドアを開けると、その先はレンガでふさがれていた。 真夜中、ふと目覚めてドアを開けると、そこには昼にはなかった..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2014-11-16 21:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。