2014年10月11日

奇跡のシンフォニー

Photo
ま、わたくしなんぞは
基本ペシミスト


ざんすから
脳内一人つっこみは当たり前





石橋は
叩いて叩いて叩き壊す





そういう性分。




(単なる臆病者って話もあるが)



けどさ



ペシミストだからこそ
オプティミスト


に憧れてはいるのよ。





ただ



そこはほれ
長年ペシミストやってるから
上手に導入してもらわないと
オプティミストへの憧れは昇華しない。
昇華していかない。





映画のことに関して言えば
大抵の優れた映画ってのは
場面場面
演出や脚本の基調はペシミスト
だけど導かれるのはオプティミスト的結論

そういうコンセンサスが根底に流れているって気がしない??








その結論が仮に
かなり悲劇的に見える時だって
そこはそれ
「人間」の多面性を示して
わたくし達は目と心を開かさせられることになるのだわよね。





斜めから
前から
後ろから



いろ〜〜んな所からの突っ込みを
かわしつつ成立している。





その上で



物語をぶちあげて、さ。





ハッピーエンド
大団円ってのは
わたくしに言わせればオプティミストへの
上手な導入



昇華の形。





だからこそ
観客のカタルシスへと繋がるんだわ。





で、ね。





「素直」な映画と
「単純」な映画は、違う。





たとえば
わたくしの中では
「地球のまんなかで」叫んだりなんだりってのは
「単純」な映画。





奇跡のシンフォニー





この映画は
「素直」で気持ちのいい映画なんだわ。





ほら、人間
たまにゃ
「素直になりたい」って思う時あるじゃん??





そういう人
観て!!!





ってか、観るべき!!!







はっきり言って
突っ込みどころはたくさん、ある。





宗教色っつうか
お説教色もちょっと匂うし。





だけど



それを超えてあまりある
「気持ちよさ」があるのよ〜〜〜。





特にねえ
「音楽」の力を信じる人
ぜひ、観ていただきたい
って思う。





わたくし
途中からほんっと身を乗り出してしまいましたがな。





この映画
「大団円」に向かって
ひた走る。





それでその「大団円」が
半端ないっす。
もんのすごいカタルシス。





Photo_2



主演はフレディ・ハイモア






ほれ、チャーリーとチョコレート工場
あの子。





ジョニー・デップがその才能を認めて
2度の共演を果たしているあの子。





けど。



正直
わたくし、今まであんましぴんときてなかった。





巧い・・・う〜〜ん
そりゃね
けどなんか線が細いしさ
「薄倖な子供」役が似合うって
それだけなんじゃねえの???って。





すみません。



わたくしが間違っておりました。





彼がここで演じるのは
音楽の神に愛された子供。






音楽の魂を抱えて生まれた子供





その子がさあ〜〜〜〜〜〜



Photo_3



「アタシは
ギターを初めて弾くとことか

音符が溢れ出ちゃうとこが好きで…
もうそこだけでOKとした〜」





うん。



そのシーンは
彼が自分の中の音楽の「出口」を見つけるシーンなんだけどさ





演技・・・これを演技とは言わないんじゃないかってくらい



ほんっとに
「輝いている」んだもの。






すっごい。








“The music is all around us.
          All you have to do is listen.”



世の中に
音楽はあふれている。
ただ耳をすますだけでいいんだ。





彼は言うんだけれど



それを聞ける人と
聞けない人が、いる。





・・・そして聞いていながら
忘れようとする人も。





ふと
わたくしは
PRINCEの小さな頃を
想像していたりもしたんだけどさ。





Photo_4



彼を最初に見出す
小悪党を
ロビンウィリアムズ



やっているんだけど

彼は世の中に溢れる
「音楽」を「聴く」ことはできるのに

自身の才能は限られているのね。





クリエイトすることは
できない。





なまじっか
音楽が「判る」だけに



すごく切ない立場でもあるから



主人公は
彼を小悪党と判った時点でも
「断罪」はできなかったりする。





そして
ロビン自体は
なんとか自分の「判る」世界に
主人公を留めようとする。








それはさ
彼の
嫉妬でもあり
願望でもあり



絶望でもある行為。





今まで存在した
多くのミュージシャンと
マネージャーの関係なんかも
2人の関係に投影できるのよ。





とにかく



両親のラブストーリー



Photo_5



才能を持って生まれるということ






才能の生かし方






「出会い」の意味と意義。








後ね。
これね、
わたくし邦題でちょっと損しているんじゃないかって思う。





原題は



AUGUST RUSH




主人公のストリートミュージシャン時代につけられた
芸名が原題。



わたくし
ウォーク・ザ・ラインの主人公
「ジョニー・キャッシュ」
彼への目配せっていうか
そこで
韻を踏んでいるんじゃないかって思った。








あ、ちなみに
第80 回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされております








とにかく。








ほんとに
鳥肌もんの大団円をぜひとも!!!






posted by kazoo at 16:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 (か) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398307026
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

奇跡のシンフォニー
Excerpt: 孤児の少年が両親から引き継いだ天才的な音楽の才能を通じて 両親を探す出すドラマ。孤児院で11年過ごした少年エヴァンは音楽の特異な才能を持っていた。 ある晩、音にひかれてエヴァンは施設を抜け出し、NYへ..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2014-10-13 10:37

奇跡のシンフォニー
Excerpt: 顔も名前も知らない両親とは、音を通じてつながっていると信じている11歳のエヴァン。 不思議な音に導かれるように施設を抜け出し、マンハッタンへやってきた彼は、ストリートミュージシャンとして瞬く間に音楽の..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2014-10-18 01:18