2014年09月17日

パンフレットA

さて
送られてきたパンフレットの中に
2つほど未見の作品があったのよ。



その一つは



000_1179 「再会の時」



あー所謂
「団塊の世代のバイブル」
扱いを受けている作品だよね。



パンフレットを開けると
筑紫哲也がどどーんと
文を寄せていたりします。



世代論で括って物を語るのは
存外乱暴なことではないだろうか
やっぱり人間には
個人差ってもんがあるんだからってのが
わたくしの基本にある考えだったりはするのだけれど



団塊の世代自体そのものが



自分たちを世代論で語るの
結構好きだっていう傾向があったりして。



面白いもんだね。






じきに
団塊の世代が介護世代とイコールになる。



更にその上の世代ほど「我慢」というものを知らないこの世代が
介護される世代になった時
団塊の世代の子供達が
介護を担う立場になった時



大きな変化が訪れる事は
想像に難くない。



そのパワーで「今の問題点は改善される」って意見もあるけど
わたくしは非常に懐疑的。






そういうことも含めて
やはり一度は観ておく必要があるかもしれない・・・なんてことをね
パンフレット見ながら考えたりして。






もう一つは
ダスティンホフマンの「レニー・ブルース」



000_1184 これはねえ
ずっと
観なくては!!!と思いつつ



観そびれている作品の一つ。



ボブ・フォッシー監督作品で



パンフレットのシルエットだけで
判る



ダスティン・ホフマンの芸談もの。



わたくしは
英語が不得意だから
レイニーの面白さを「本当の意味」では
わかっていないし
これから先も
う〜〜〜ん
多分今の力以上に
英語力が増すとは思えないから
はなはだ・・・ではあるんだけれど



レニー・ブルースっていう
「言葉」の芸人の存在については
今でもいろんなところで
「あらこんなところにも」みたいに
影響を及ぼしているのをみると



やーっぱさ〜〜〜
観なくては、だね。



パンフレットによると
彼の妻ってストリッパーで


2人の間には娘も生まれるんだけれども離婚。


まもなく妻は麻薬で2年の刑。



レニー自身は
政治的・社会的風刺芸は
絶賛の拍手を浴びるようになるが
猥褻容疑で度々逮捕される・・・って、あーやっぱりここでも麻薬かよって
気もするけれど
彼の死は
ポルノ解禁のきっかけともなったって言われているんだそうだ。



ふむ。
この作品で
オスカー候補になったって書いてあるけど
ダスティンホフマンの
熱演も

どんなものか。やーっぱり激しく興味を引かれるのだ。わたくし的に。




「今夜ここに二ガー(黒人)は来ている?



照明、ライトを!!



さあ、よく見せてくれ。



二ガーが2人いるぞ。



側にカイク(ユダヤ人)も2人。



ポラックも6人見えるな。



・・・それからミック(アイルランド人)が4人。



グリースポール(メキシコ人)が3人



ここにもう2人二ガーがいる。



こちらの席は?



カイクが2人
二ガーが3人



スピック(プエルトリコ人)が一人・・・



この辺りは
二ガー6人
ミックが8人
それからワップ(イタリア人)が4人いる。



二ガーにカイクにポラック
ミック、グリースボールにスピック、ワップ



まだあるぞ



ヒップ(尻)
ディック(男性器)
ブーギー、ブーギー、ブーギー。



どうだい
殴り殺したい??



もしケネディが
「二ガー、二ガー、二ガー」と
二ガー一人一人を大声で紹介したら
こいつは
「ブギー、ブギー、ブギー」だ。



恐らく
そうなれば
二ガーという言葉の持つ暴力は消えてしまう。





そしてついには
学校で「二ガー」と呼ばれたために泣き出すような
小学生も金輪際なくなるんだ。




いやあ
やっぱ
すごい、な。



posted by kazoo at 12:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

再会の時
Excerpt: 反体制学生運動盛んな頃、ミシガン大学の学生7人は、運動に熱中し、強い連帯感で結ばれていた。 10年後、友人の葬儀で再会する…。 ヒューマンドラマ。
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2014-09-21 15:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。