2014年07月13日

プロデューサーズ

B000f5gjl401 
ブログをやり出して
ああ、良かったなあって思う
その要因の一つが
「笑わせてもらってる」
ってことだったりするんだけど。



そもそも私は
「泣かせる」ってことよりも
「笑わせる」ってことの方が
上等・・・そんな感覚を持っているのね。



実際問題
人の涙腺を絞るよりも
人の笑顔を導き出すことの方が
数段難しいんじゃねえの??
ってのが私の意見。



で、わたくしとしては「笑いたい」!
「一日一笑!!」って意気込んでいる
・・・が、その割には
最近のTVの「お笑い」じゃ
正直くすりとも。



多分観客入れてやる収録なんかでさ
私が一番前にいたら
めちゃくちゃやりにくいだろうなあって
思うほど、笑えないのよーー。



でも、時々
すんげ〜〜〜ツボに嵌るって時があってさ。



「それはどういう笑い???」



んーーーーー。



とても
とても
説明が難しい。



それは例えば
この間観たセルラー」の弁護士の顔だったり
とにかく・・・
笑いのツボって説明するの難しいじゃん??

同じ所で笑っていても
ツボが一緒かっつうと
違うーーってことだってよくある話で。



そうそう。



すんごくベターーーな
「そこで笑うんかいっ!!」って所で
引きつるように笑ってる時もあるしなーー。



さて。



そういう訳で
プロデューサーズ。



これねえ。
はっきし言って
かなり好き嫌いあるだろうって思うのね。



人気舞台の映画化なんだけどさ
舞台と映画は違うじゃん???



だのに・・・っていう演出で
だれる所もあるし
監督、ちょっと気負ったか??




 

でもねーーーー



私はツボを突かれて笑えた箇所が何箇所かあってね。



くっだらねーーーーーーんだけど
「好きーー!!!」

だったのだ。



それもこれも
舞台の脚本・作詞・作曲をやってのけた
メル・ブルックス」の仕業なりー。



E04メル・ブルックスといえば
私が「いい女!」と思っていた
アン・バンクラフトの旦那さん。



そんでこの人すんげーーアメリカを代表する
才人なんだけどさ。
とにかく
「サービス精神」が半端でない。
そして笑いの中に潜ませた
もね!!!
反骨精神もね!!!



ああ私
この「毒」が好きなんだわ〜〜〜。
この反骨精神がたまらないんだわ〜〜〜。



そうよ笑いはパンク!!



ストーリーetcは
ご覧になってからのお楽しみ。



でも。



この映画まだ未見な貴方に。



Pro1.主演のマシュープロデリック(写真右)は
  子役あがりの芸達者でありますが
  童顔ゆえに
 「とっちゃん坊や」的印象も今となっては
 否めませぬ。
 そこをうまーーーく生かしたキャステイング!!!



Sara
リアルではサラ・ジェシカ・パーカー
SEX AND THE CITYで有名な
おされ番長さん)の旦那として
 ハリウッドの中では珍しく
 堅実にやっていらっしゃるですよ。



 この映画の中と一緒で
 真面目なのかしらね。
 やっぱり。



 

2.主演のもう一人



Pro_1

 ネイサン・レインはリアルで
「カミングアウト」したゲイとして
 ハリウッドじゃ有名なお方。

 姉さん〜〜〜♪な彼が
 こういう役(「お嬢さん方」をこましまくる)をやるっつう
 おかしさ!!!


3.あちゃらの「ナチスアレルギー」ってのは
 私たち日本人が考えるより
 かなり物凄い物・・・らしいです。

 そういえば、亡きダイアナの次男さんが
 何かのパーテイでナチスの仮装やって 
 「・・・・xx息子」とその写真見た全員から
 心の中で突っ込まれたのは
 最近じゃ有名な事件ざんすね。



4.カルメン・ギア(写真左)最高っ!!!!

Pro2







5.おなつかしや「ビレッジ・ピープル
 をご存知の貴方なら
 笑えるシーンが用意されております。



B000cbnzvs01















6.最後の名前が出てくるところの演出も
  本当に行き届いているんだけれども
  最後の最後まで
  本当の最後まで
  油断は禁物!!!


とにかく
婆様たちの補助杖ダンス観るだけでも!!!



私、そんでさー



「ゲイソング」が好き〜〜〜〜♪



明るく〜〜〜
楽しく〜〜〜



ええ。



メル・ブルックスが言いたかったのもさ
結局
日々ご機嫌さん因子が高けりゃ
なんとかなるのさ
いけるのさ!!
ってことじゃなかろうかと。



ええ。



この映画で頭の中
「大きな声で」笑えた貴方となら
多分ほんとに
お友達〜〜〜♪
(あ、でもだれる場面もあるのよー!!
くどいけどーー
大絶賛映画って訳ではないのー。)


それでも・・・


7.ユマ・サーマン
 「スエーデン女は奔放」って
 くくくくくくく。
 いい女だわっ!!
 ポイズン・アイビーに続いての
 はまり役!!



 

お奨めよっ♪



posted by kazoo at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(は) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック