2014年06月27日

バットマンビギンズ

B000b5m7r809 B000b5m7r809in01 









バットマンシリーズの中で
本作
何故かあちゃらでは
今ひとつ評判が悪かったって聞いた。
なんかねー。
主人公の設定が
コミックを元とはいえ
あまりにも「暗すぎる」っつう話でーー。


T0002034 







な〜〜〜〜〜んばいいよるかっ!!!
どんがらがっしゃんしゃ〜〜ん!!!



これはバットマンが
バットマンになる以前のストーリー。
バットマンになるためのストーリー。

だからひょっとして
今までシリーズを見た事ないって人でも
ここから始めて大丈夫!
うん。
大丈夫さ〜〜〜。

なるほどね。
確かにこのバットマン
酷いトラウマと闘わなくちゃいけないし
そのトラウマっつうのが
「両親の死」に結び付いてもいるもんだから
これ以上無い位、
考えようによっちゃ
暗いっちゃあ、暗い。



321232_015 







んがっ!!!



暗くてなんが悪かとねーーっ!!!!
その個性あってのバットマンばいーーー!!!



どんがらっがっしゃんしゃーーーん!!!!



はあはあはあ・・・。



いや、真面目な話
もしこれを単なる「スーパーヒーローもの」として
だからこそ勧善懲悪でスカッとさせてくれなければ!!!
って気持ちだけで見ちゃ、もったいねえ。



これってさ
所謂息子の父親を超える「親離れ」の
様子を描いた物語でもあるし
アクションものでもあるし
ラブストーリーでもあるし・・・



なんせさ、とにもかくにも
もう男の子が好きそーーーーーなエッセンス
てんこ盛りなのよっ!!



例えばバットカーがそもそも何に使われてたかとかさ
手作り感漂うバットスーツとかさ。

あ、この「手作り感漂う」って所もポイント。
まあ、実際こんな金のかかる
「手作り」なんてあり得ないんだけど。
でもそれって
これってガキの頃
「ターザンごっこ」とか「秘密基地ごっこ」
やった奴等にゃたまらんだろう〜〜〜。



「忍者」
「柔術」
・・・・ここら辺、ちょっと私的には
「オリエンタルブームもここまで」と
苦笑しちゃったとこもあるんだけどさ。



でもでも、修行シーンなんて
忍者ごっこで、「毎日豆の上を飛んで修行だ!」
とか言ってた貴方なら、きっとにやにや。



とにかく、ゴッサムシティの立役者であった
「良心」であった
両親(特に父親)の
全てを一旦壊しながら、息子は自律を知り
その身の中に「正義」を育んでいく・・・って
シークエンスが秀逸!!!



バットマンシリーズの中でも
群を抜く出来栄え!!!



なにより



「正義」の定義が
「悪」の定義と近い所に位置してる
って所がさ。



くーーーーーーーっ!!!!



たださ〜〜〜〜。
惜しむらくは。
まあ、好みですけどさ。

バットマンの恋人役やったあの子。
今じゃトム・クルーズの嫁として
ブイブイ言わせてる???
ケイティ・ホームズ



321232_009 彼女確かに
「理想主義者の頑ななバージ二ティ」
見事に表現できてたと思うんだけどーー。



なんちゅうかーーーーー。



アングルによって
すんげ〜〜〜〜〜〜〜
ぶっさいくに見えるってのが
結構度々あってさーー。
現場でカメラマンと喧嘩でもしてたのか???
っつう位、ちょっと不細工だった。

特にキスシーン前の微笑みの部分で
女の「計算高さ」がちょっと透けてたわよーって感じ。
なんかさーー。
まあ、今からご覧になる方
そこんとこ要チェックね〜〜〜。



後さ、この人、歯並び矯正してねえのね。
スターさんなのに、向こうじゃ考えられんね。

ああ、まあでもとにかく。



アルフレッド!!!!
私にも言ってーーー!!!



「・・・・NEVER!」



321232_013  爺好き必見!



あ、そうそう。
これ観た後は必ず
「ジョーカー」との対決
もいっかい観たくなるわよ〜〜〜〜。



お〜〜〜っほっほっほっほ。





posted by kazoo at 13:57| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画(は) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

バットマン ビギンズ
Excerpt: クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、ケイティ・ホームズ、ゲイリー・オールドマン共演。 シリアス路線でバッドマン誕生秘話からはじまる3部作の1作目。渡辺謙さんもちょびっ..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2014-06-28 00:17

バットマン ビギンズ
Excerpt: 両親を目の前で撃ち殺され、罪の意識と復讐心を胸に成長したブルース・ウェイン。 ヒマラヤ山中でラーズ・アル・グール率いる「影の同盟」のもと、肉体と精神の修行を重ね、ゴッサムシティに帰ってくる。 だがそこ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2014-07-02 21:28