2014年06月10日

ワイルドシングス

B0002T1ZDK
B0009J8F0Y
kazooです。
おじちゃんです。



おっと、違った。
おじちゃんを心の中に隠し持つ女です。



なんかさ、難しい事考えたりするとね
ついつい私の中のおじちゃんが



「さーー、キレイなお姉ちゃんでも・・・」と。
「おじちゃん、疲れたから、とりあえずナイスなバデイを」と。



私が男性と接すると
どうも色気方面から大きく逸脱してしまって
おじちゃん同士の会話に終始するのは、
一つにこのおじちゃんの仕業かと。ええ。



 

さて。
ワイルドシングス



これね、難しい事考えちゃいけまへん。
ただただ、
「あー、あちらの火サスはゴージャスだな〜〜」と
口を開けて鑑賞するがよろし。


出てくる女性がまた、わがままバデイの
デニス・リチャーズ


童顔で細身で巨乳。おほほほほほ。
無敵・・・です。



「・・・・・ええな〜〜。」
さすがSEXスキャンダルの帝王チャリ坊と結婚していた女。
なんて妙な感心をしつつ。


 

からむ男性軍は
マットで異論いやいや、マットディロン
ケビン・ベーコン


2大無駄脱ぎ又は脱ぎたがり
2大巨頭の1人ケビン・ベーコンが参戦。

(もう一人の巨頭はブルース・ウィリス。
いや、別に「頭」で決めた訳ではない。
誰が決めたって?私。)


とにかくお話はあれよあれよと
上になったり下になったり
おーそうくるかーーで
後で考えたら突っ込みどころも満載なれど、
とにかく、おじちゃんは



「ご馳走様でした」と。
「ええもん見せてもらいました」と。



そんなおじちゃん達が
実は世の中には沢山いるんだよという事で
ワイルドシングス2
・・・どうします??いっときます??



大体「2」がつくと、あんましろくな事にはならん。
大概1を超えるって事は・・・
お、このお姉ちゃんは・・・んーーー・・・ギリか。
ギリやな。うん。
まあ、よしとしよう。



映画始まって
何故かビーチバレーのシーンが延々と。
おそろいのチームユニフォームらしき
ビキニで
揺れる揺れる
おお。なんつうか。・・・お約束。



 

この後、スローモーションシャワーシーン
その割には同じカットが続いたりして
「ちょっと・・・大丈夫か??」
安っぽさが味と言えば味。



しかし肝心のシーンでおじちゃんは
ついつい
「ちが〜〜うッ!!!
どーーんと!
どーーんといったらんか〜〜い!!!」



いやいや。
結論を申し上げれば
1を超えてはいない。
超えるはずもない。



しかし、これはこれで、
アリかな・・・と。
美乳であった・・・と。
あの店よりは安いけど、
それはそれで
ご馳走様でした・・・と。



おじちゃんが申しておりました。
ええ。



あそこの角の煙草屋の前で。
今度あの人にも、声をかけてみようかなと。
きっと嫌いじゃないはずだと。



2店いや2点梯子でいかがでしょ?
今ならキャンペーン中よ
うふッ♪




 
posted by kazoo at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(わ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。