2015年01月25日

なんちゃって家族

91VdmjQPzmL__SL1500_-thumbnail2[3].jpg
「いやあ
毎回言っているけど
この残念な邦題に負けて手に取らないのは
もったいないわよね。」

ジェニファー・アニストン
男運は悪いかもだけど」

「そんなこと言わないの!」

「この間2人で観た「モンスター上司」に続き
彼女
なかなかのもんだったわよね。」

「うんうん。
彼女、ストリッパーの役なんだけどさ」

「そうそう。」

「すっごく鍛えていて
無駄のない身体つきなんだけど
若干寸胴気味でさ
貧乳。」

「あーたに言われたくないと思うわ
天下のブラピの元妻よ〜〜???」

「元妻だろうがなんだろうが
あーた
鍛えているけど
色っぽくない身体なんだもん
仕方ないじゃないの」

「・・・・」

「それでもさ
可愛い。」

「あら」

「なんか大声で
ブラック〇○〇とかでっかい声で言っていジェニファーって
ほんと可愛いのよね〜〜〜」

「確かに」

「これお話は
「んな訳ねえだろっ!」ってことの連続」

「確かに」

「まずマリファナの売人をやっているデヴィッド(ジェイソン・サダキス)は、
近所でパンク野郎3人組に襲われ、
マリファナと金を奪われてしまう。」

「ジェイソンはいわゆる小悪党。
ドラッグ売人ではあるんだけど
でっかい取引なんてしない、できない
ただただ
モラトリアムで気がついたらマリファナ売ってた的な男。」

「で、麻薬の元締め(エド・ヘルムズ)にそのことがバレると、
代償として、次のブツをメキシコから運ぶという仕事を
引き受けざるを得なくなる。」

「この元締めがまあ
ゲスいゲスい。」

「自分で言ってるけどね
ほんっとゲスいの。」

「ジェイソンに無理難題言っているくせに
お金の使い道がないとか言ってさ
オルカを水槽に飼っているくらいゲスい。」

「アハハ」

「メキシコから捕まらずに麻薬を運ぶためには?! と思いついた計画は、
家族旅行を装ってキャンピング・カーで密輸すること!

独身のデヴィッドは、クビになったストリッパーのローズ(ジェニファー・アニストン)、
SEXのことで頭モンモンの童貞ボーイ、ケニー(ウィル・ポーター)、
万引き常習犯のホームレス少女ケイシー(エマ・ロバーツ)の4人で家族を装って、一路、メキシコを目指す。

彼らは、キャンピング・カーいっぱいに麻薬を積んで、
無事、国境を超えることができるのか??

・・・ってのがそのあらすじなんだけど」

「とにかくそれぞれの
キャラがはっきりしているし
かなりリアルとシンクロ・・・」

「え〜〜〜〜!?」

「だってさ〜
エマ・ロバーツなんて
結構厄介な性格しているって聞いてるわよ〜」

「あー2013年には確か
恋人にDVで逮捕されてたよね?」

「DVうけた方じゃなくて?」

「やった方!」

「激しいわね〜〜〜」

「でも、その恋人エヴァンピーターズとは
婚約したんでしょ?」

「そうらしいわ。
あの逮捕は「誤解」だったって。」

「誤解!」


「おばさんであるジュリアロバーツ
若すぎるって反対しているらしいけど」

「ジュリア・・・ねえ」

「そう、ジュリア・・・」

「同じ年代の頃
24男を手玉にとっていたくせに
お前が言うなって気が・・・」

「こらこらこらこら」

「ま、とにかく
そんなエマがホームレス少役!」

「結構奔放で激しい性格なんだけど
お嬢様ルックになったら
それなりに見えて、ね」

「うんうん。
そんでなんか根底のところでは
人懐っこいっていうか
人を求めてるっていうか
そういうキャラ」

「あの変身ぶりは「女って服装で変わるよね〜」だったけど。」

「それはジェニファーもそうよね。
ストリッパーから
いかにも、な「奥さん」に変身しちゃってさ」

「でも、あたしが一番驚いたのは
主人公やった
ジェイソンサダキス!!!」

「別人!!!」

「別人!!!」

「男ってさ〜〜〜
ヘアースタイルで変わる〜〜〜〜〜」

「よくさ一般人を変身させるTV番組とかあるじゃん??」

「あるある。」

「あれさあ
そこらのおとっつぁんに着こなせもしない
書割みたいな服着せて
「変身しました!」とかやってるけどさ〜」

「随分な言い様ね〜」

「ヘアースタイルを変えるだけで
ほんっとうううううううううに、か・わ・る!!!!」

「嘘だと思ったら
この映画観るといいわよ〜〜」

「で、そのヘアースタイルの
オーダーシーンが結構
わたくし、お気に入り♪」

「あ、あそこね」

「うふふふふふふ」

「うふふふふふふ」

「まあ
すったもんだあれこれありながらも

「他人」だったはずのメンバーが
「家族」になっていくという、ね。」

「つくづくこういうの観ると
アメリカって移民の国ね〜って思っちゃう。」

「そうね〜〜
血のどうのこうのっていうのだって
もちろんあるんだけれども

それはそれとしてさ

そもそも「家族」の芯になるのが
「夫婦」だとしたら
その
「夫婦は他人だものねえ」

「そうそう。

だからこそ
「作り上げていく」ってことよね」

「まあ、そんなシリアスな作品じゃないけど、さ」

むしろ
馬鹿映画だけどさ

「アハハハ」

「アハハハハ」

「あたし爆笑はしなかったけど
クスクス笑いだったわ〜〜〜」

「あ、あたしはニヤニヤ笑いだった〜〜〜」

「何よりも
童貞ボーイケニーを演じた
ウィルポーター
撮影当時19歳だったらしいわよ!!!」

「・・・・体張ったわね〜〜〜」

「全力投球だわよ〜〜〜〜」

「19歳っつうたら
思春期・・・・」

「青い春」

「なのに・・・」

「なのに・・・」

「その勇姿をッ!!!」

「観るのよッ!!!!」

「観なくちゃ!!!!」

「馬鹿映画&TLC
万歳〜〜!!!!!」

「こらこらこらこら」







posted by kazoo at 15:59| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画(な) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

なんちゃって家族
Excerpt: 【概略】 マリファナの売人をやっているデヴィッドは、近所でパンク野郎3人組に襲われ、マリファナと金を奪われてしまう。麻薬の元締めにそのことがバレると、代償として、次のブツをメキシコから運ぶという仕事..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-01-25 16:32

『なんちゃって家族』 2014年1月22日 ワーナーブラザース試写室
Excerpt: 『なんちゃって家族』 を試写会で鑑賞しました。 よくまぁこういうくだらない映画を作るなぁと感心 【ストーリー】  麻薬密売人デヴィッド(ジェイソン・サダイキス)はマリファナと金を奪われ、その穴を埋..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-01-25 19:17

なんちゃって家族
Excerpt: 下ネタ満載だけど笑えて面白い。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2015-01-25 22:23

『アメリカン・ハッスル』『なんちゃって家族』
Excerpt: (原題:AMERICAN HUSTLE/WE’RE THE MILLERS) ----あ〜あ、とうとう 『アメリカン・ハッスル』、 お話をしてくれないまま。 『メイジ―の瞳』もそう。 『なんちゃっ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2015-01-26 19:22

なんちゃって家族
Excerpt: ブツと金を全て奪われてしまったマリファナ売人のデヴィッドは、代償として、組織のボスからメキシコからのブツの密輸を命じられる。 ほぼ不可能な仕事だったが、デヴィッドは疑似家族の観光旅行を装えば、怪しまれ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-01-28 14:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。