2015年02月23日

ブルー・ジャスミン

71XsC--9m-L__SL1500_.jpg
ウディアレンの作品って
「知的」とか
「サレオツ」とか
冠がつくっつうかさ

観る人が語りたがるものが多いんだけど

それゆえに
いや
それだからこそ

「なによ〜〜〜〜」って
鼻白む部分も
多くあって

ま、わたくしが
「英語が不得意」とか
知的ではないとか
なにより「ニューヨーカーじゃない」
だから
相容れないのかしらね〜〜〜。

それでも
中には
「あ、これ、好きだ〜〜〜」って奴もあって

「カイロの紫のバラ」とかさ
「ラジオ・デイズ」とか。

で、今回の
「ブルー・ジャスミン」!!!!

良かった!

最近観た
ウディの作品の中では
TOPだったわ〜〜。


まあ一口に「良かった」!と言い切るには
あまりに痛いお話・・・なんだけどね〜。

ざっくり言えば
ひとりの女の転落人生・・・を描いた作品な訳だけれども

まあ
ヒロインのジャスミンを演じた
ケイト・ブランシェットが、すごい!!

主演だからさ
そりゃ力も入ったとは思うけれど

もうもうもう!!!
あの虚ろな瞳!
荒れた表情!!!

あれは「演技」を超えているよ〜〜

女優だわ

すげえわ〜〜〜〜

普段
ケイトって
それこそ理知的でさ
お洒落で華があって

わたくしは
彼女がイベントなんかに参加している時は
「今回はどんなドレス??」って
すごく気になったりするんだけど

だからこそ
セレブシーンでのケイトいや
ジャスミンの
ドレスの着こなし
身のこなし

綺麗で自然でさあ
目を引くわよね〜〜

「ニューヨーク・セレブリティ界の花」

そうだろう
そうだろうともさ!

そんなジャスミンがその生活全てを
失ってしまって
妹のジンジャーの安アパートに
転がり込み

なんとか
自分を立て直そうとする訳だけど・・・

まずさ〜〜〜
ジャスミンを「愚かな馬鹿女」って
括りきれないのよ。
切り捨てられないのよ。

だってさ〜〜〜
自分のことを演出するのに
「話を盛る」ってのは
よくある話だし

「甘やかされる」自分が
イコール「愛されている」と思うのも
「・・・だろうな」だったりするし。

「こんなはずじゃない」
「こんなところにいるべき人間じゃない」

仕事ひとつ選ぶにも
「自分に折り合いをつけられない」
ジャスミンを

「馬鹿ね〜〜」って
笑えない。
笑えないよ、わたしゃ。

エリート外交官の独身男性ドワイトとめぐり会い
彼こそが再び上流階級にすくい上げてくれる存在だと確信し

話を盛って
(それはその域を超えてもはや
嘘でしかなくなっていたけれど)
テクニックを駆使して

彼=自分がいるべき場所に
突き進むジャスミンを
そんな彼女を
誰が笑える???

美しいもの
華やかなもの

「才能」

自分の居場所

女はさ一生の中ですんごいギャンブルをするって言ったのは
林真理子だったっけか??

そのギャンブルの正体が
「結婚」。

ジャスミンにとっての
ギャンブルは「当たり」・・・のはずだった。

大当たりのはずだった。

う〜〜ん
「自立」ってなんだよとも思うし
「甘やかされる」居心地の良さも。

だって
それは愛・・・って思っていたんだものね。

ブルームーン
それは「出会い」の場所で
流れていた曲。


「ジャスミンという名前に変えたの ジャネットなんて平凡だもの」


美しいもの
華やかなもの

「才能」

自分の居場所。

「セレブ女の転落物語」を
「女の痛いところ」突くところまで持ち上げているのが凄い。

ジャスミン、歯医者の受付やったのに…。

妹が勝者かっつうとそれも違うし。

いやあ残るなあ〜〜。


怖い
切ない

痛くて
愛おしい。


あとくちは強く苦く
そしてどこか・・・・







posted by kazoo at 11:13| Comment(4) | TrackBack(30) | 映画(は) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
この映画をはじめとしてウディ・アレン監督の作品はどうしてもダメです。
どこまで意地悪なんだろうって思ってしまいます。
特にラストが痛いんですよ。
結局妹は社会にうまく適応していくタイプで、姉は夢をかなえたつもりが、
それを逃し、結局二度と這い上がれないでしょうね。
見た後とってもいやな気分になりました。
Posted by ミス・マープル at 2015年02月23日 13:28

ミス・マープルさん
こちらこそTB&コメントありがとうございます。

「相性」ってありますよね〜。
評判が良かったり
その良さも理解はできるんだけれども
どうも自分には・・・っていう監督や俳優さん

わたくしもかな〜りウディに関しては・・・なのですけれども
この作品は面白かった!!!

「お話」とすると仰る通り
痛いよなあ〜なんですけれども

ここまでカリカチュアされないまでも
わたくしの周りでも
いや
わたくし自身

「あるよなあ〜〜〜」

ウディ監督
かなり冷静に
「女」ってもんを提示していたと思ったりもします。

で、まあ
ウディ監督
そこまで「判りながら」
いやだからこそのスン・イーとの結婚?とか
あれこれ思うとおかしかったりもしたんですけどね。

ふふふふふ。





Posted by kazoo at 2015年02月24日 15:22
こんにちは。ご訪問ありがとうございました。
ほんとにケイト・ブランシェットの表情は演技を越えていましたよね。
わたしの彼女のレッドカーペットなんかのファッションを見るのが
とても好きで、品よく知的に着こなしてらっしゃるなぁ、と
感嘆しきりなんですけど、だからこそこの映画での着こなしも
付け焼刃になっていないのが凄いですよね。


Posted by 白木庵 at 2015年03月02日 13:05
白木庵様、こちらこそ!です。
いやああちらのレビューを読んで
わたくし、しつこいですけど

「そうそうそうそう!!!」

ぜひとも皆様に読んでいただきたい!
白木庵様のレビューは
http://kinoer.exblog.jp/20715695/

なんでしょう
やっぱり「降りてくる」ってことなんでしょうかね
あの表情は。

確かに演技を超えていましたよね〜〜。

>だからこそこの映画での着こなしも
付け焼刃になっていないのが凄いですよね。

これも本当にそう思いますです。
いつも
結構ハードル高めのドレスを着ても
ドレスに着られない。
上級者だよなあ〜〜ってわたくしも
感心していて

映画の中でもブランドもんが「馴染み」まくってましたものね〜〜

わたくしだったら
きっと肩に力入りまくって・・・タハハハ

いやあ、見事でした。
オスカー納得です。
Posted by kazoo at 2015年03月04日 12:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブルージャスミン
Excerpt: 【概略】 かつてN.Y.セレブリティ界の花と謳われながら、今では結婚生活も資産もすべて失ったジャスミンが、虚言と現実逃避を繰り返し、次第に精神のバランスを崩していく。 ドラマ 「ジャ..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-02-23 12:00

ブルージャスミン ★★★★★
Excerpt: ウディ・アレン監督がケイト・ブランシェットをヒロインに迎え、サンフランシスコを舞台に転落人生の中でもがき、精神を病んでいく姿を描くドラマ。ニューヨークでセレブ生活を送っていたものの夫も財産も失ったヒロ..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-02-23 12:08

『ブルージャスミン』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ブルージャスミン」□監督・脚本 ウッディ・アレン□キャスト ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、       ピーター・サースガー..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2015-02-23 12:25

【 ブルージャスミン 】虚飾の花
Excerpt: ブルージャスミン〜 BLUE JASMINE 〜     監督: ウディ・アレン    出演: ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、ピーター・サースガード、ルイ..
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2015-02-23 12:31

劇場鑑賞「ブルージャスミン」
Excerpt: 見栄の果てに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405100001/ ※GW期間限定..
Weblog: 日々“是”精進! ver.F
Tracked: 2015-02-23 13:22

ブル−ジャスミン
Excerpt: JUGEMテーマ:洋画 「ブルージャスミン」 原題:Blue Jasmine 監督:ウッディ・アレン 2013年 アメリカ映画 98分 キャスト:ケイト・ブランシェット    ..
Weblog: マープルのつぶやき
Tracked: 2015-02-23 13:29

『ブルージャスミン』 2014年4月24日 一ツ橋ホール
Excerpt: 『ブルージャスミン』 を試写会で鑑賞しました。 ケイト・ブランシェットは病的な役を素晴らしくこなしていたんだけど これが・・・主演女優賞かぁという感じでしたな 【ストーリー】  ジャスミン(ケイト..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-02-23 14:51

『ブルージャスミン』 (2013)
Excerpt: ウディ・アレンが届ける、苦〜いシニカル・コメディ! 喜劇なのか、悲劇なのか、苦笑をまじえつつ複雑な後味の残る匠の逸品であった。 本作は、ルーティン・ワークな映画製作を己に課し、職人的に独自のアー..
Weblog: 相木悟の映画評
Tracked: 2015-02-23 14:55

ブルージャスミン
Excerpt:  ウディ・アレンが久々にアメリカを舞台にした作品で、コメディではあるのだけど、人間の愚かしさにスポットをあてており、シニカルな色合いが強い。オスカー受賞のケイト・ブランシェットは手堅いけど、「8月の家..
Weblog: 映画好きパパの鑑賞日記
Tracked: 2015-02-23 15:00

ブルージャスミン
Excerpt:  『ブルージャスミン』を吉祥寺バウスシアターで見ました(これで同館は見納めになるかもしれません)。 (1)およそ1年ぶりのウディ・アレン監督作品であり、主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2015-02-23 17:54

「ブルージャスミン」
Excerpt: 「Blue Jasmine」 2012 USA ジャスミンに「ロビン・フッド/2010」のケイト・ブランシェット。 ハルに「私の中のあなた/2009」「恋するベーカリー/2009」「ローマでア..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2015-02-23 19:35

ブルージャスミン 【劇場で鑑賞】
Excerpt: ウディ・アレン監督の新作で主演のケイト・ブランシェット が第86回アカデミー賞主演女優賞を受賞した映画 「ブルージャスミン」が公開されましたので観に行って きました。 ブルージャスミン [Blu-r..
Weblog: 映画B-ブログ
Tracked: 2015-02-23 19:50

ブルージャスミン
Excerpt: ブルージャスミン '13:米 ◆原題:BLUE JASMINE ◆監督:ウディ・アレン「ローマでアモーレ」「恋のロンドン狂騒曲」 ◆主演:ケイト・ブランシェット、アレック・ボールドウィン、..
Weblog: C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
Tracked: 2015-02-23 19:51

ブルージャスミン
Excerpt: 原題 BLUE JASMINE 製作年度 2013年 上映時間 98分 脚本:監督 ウディ・アレン 出演 ケイト・ブランシェット/アレック・ボールドウィン/ルイス・C・K/ボビー・カナヴェイル/アン..
Weblog: to Heart
Tracked: 2015-02-23 20:51

ブルージャスミン
Excerpt: ★ネタバレ注意★  ウディ・アレン監督作品。  今年のアカデミー賞では、ケイト・ブランシェットが主演女優賞を獲得しました。  美しいジャスミン(ケイト・ブランシェット)は、コロンビア..
Weblog: キノ2
Tracked: 2015-02-23 21:03

『ブルージャスミン』
Excerpt: ニューヨークのセレブリティ界でもてはやされていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)だが、実業家のハル(アレック・ボールドウィン)との結婚生活が破綻し、家庭も資産も失う。質素なアパートに住むシングルマ..
Weblog: beatitude
Tracked: 2015-02-23 21:52

ブルージャスミン
Excerpt: 『ブルージャスミン』---BLUE JASMINE---2013年(アメリカ)監督:ウディ・アレン 出演:ケイト・ブランシェット 、 アレック・ボールドウィン、 ボビー・カナヴェイ..
Weblog: こんな映画見ました〜
Tracked: 2015-02-23 22:21

ブルージャスミン
Excerpt: ★★★★ 製作:2013年 米国 上映時間:98分 監督:ウディ・アレン  裕福なマンハッタンのソーシャライトが、夫の逮捕をきっかけに貧しい生活へと落ちていくというストーリーである。一応コメディーとい..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2015-02-23 22:27

憂鬱な夜に咲く花〜『ブルージャスミン』
Excerpt:  BLUE JASMINE  ニューヨークからサンフランシスコへやってきたジャスミン(ケイト・ブラン シェット)は、夫が逮捕されたため、セレブから無一文..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2015-02-24 09:30

映画:ブルー・ジャズミン Blue Jasmine 落ちぶれた元 NYセレブ主婦を演じるケイト・ブランシェット。
Excerpt: 公開が近くになってからアップしようと思っていたのだけど、公開が5月(観て半年以上も先!)と知り、お先に。 今回の主演はケイト・ブランシェット。 彼女の演技が注目されており、いよいよ主演女優賞で..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2015-02-24 18:54

ブルージャスミン
Excerpt: 『8月の家族たち』のメリル・ストリープの熱演を上回って、本年度アカデミー賞主演女優賞をケイト・ブランシェットが受賞した『ブルージャスミン』を観てきました。 ★★★★ これは、ケイト・ブランシェットに..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2015-02-24 21:56

『ブルージャスミン』
Excerpt: (原題:Blue Jusmine) ----アカデミー賞も終ったようだけど、 いつもと、ニャんだか違ったような…。 「おそらくそのひとつは、 毎年、前日発表されるラジー賞にあるんじゃないかな。 M..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2015-02-26 00:07

ショートレビュー「ブルージャスミン・・・・・評価額1650円」
Excerpt: ジャスミンは夜、密かに咲く。 ここしばらくのヨーロッパ観光地巡りに飽きたのか、久々に母国へ戻ってきたウッディ・アレンの、ビターでアイロニカルなヒューマンドラマ。 今回アレン翁の俎上にあげられる..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2015-02-26 22:16

ブルー・ジャスミン Blue Jasmine
Excerpt: いよいよ明日10日から公開です。 ここ数日、テレビで予告CMが流れています。 でも…なんだか違和感が。 「わたし、これでオスカーをとりました」というキャッチコピーにかぶるケイトの形相がすごい! どちら..
Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク
Tracked: 2015-02-28 00:55

ブルージャスミン
Excerpt: 2014年5月10日(土) 19:20〜 109シネマズ川崎5 料金:1100円(109シネマズの日) パンフレット:未確認 映画史上に残る嫌な女。 『ブルージャスミン』公式サイト 「タロット..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2015-02-28 13:50

ブルー・ジャスミン
Excerpt: ケイトのうまさに尽きる。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2015-03-02 14:51

ブルージャスミン
Excerpt: アメリカ・ニューヨークで、裕福な実業家の夫ハルとリッチな生活を送っていたエレガントな女性ジャスミンは、全てを失い今や酒と精神安定剤が手放せない。 庶民的なシングルマザーの妹ジンジャーの元に身を寄せるが..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-03-06 14:32

「ブルージャスミン」
Excerpt: 虚構の城郭が消え失せてもなお。 コメディではないW.アレンはひさしぶり。彼自身が出てこないこともあって、会話の洪水は鳴りを潜めているが、その代わりにC.ブランシェットの表情がすごい。 もちろん脚..
Weblog: Con Gas, Sin Hielo
Tracked: 2015-03-14 00:50

映画『ブルージャスミン』
Excerpt: 映画レビューで知り合い 試写会に誘って頂いたのがきっかけで 仲良くしていただいているりんこさんと 久々の映画デート(映画
Weblog: ほし★とママのめたぼうな日々♪
Tracked: 2015-03-18 07:11

ブルージャスミン(2014年、アメリカ)
Excerpt: 「ブルージャスミン」(原題:BlueJasmine)は、2013年公開のアメリカの映画です。裕福なマンハッタンのソーシャライトが貧しい生活へと落ちていく物語です。 「ブルージャスミン」のDVD...
Weblog: 楽天売れ筋お買い物ランキング
Tracked: 2015-05-13 00:44