2015年03月01日

我が家のおバカで愛しいアニキ

915C3uKcReL__SL1500_.jpg

よくね

自宅介護でさ
老老介護とかさ
なんでヘルパーさんいれないんだろって言うけれど、
ヘルパーさんといえど
他人を家の中に入れるという「気疲れ」をわかってないと却って・・・・ってことだってあると思うんだけどな。

ヘルパーさんだって迎える方だって
お互い人間だもの。

相性だってある。

分かり合うには時間もかかるって
それは当たり前のことだけど
現実は「待てない」で押し切られだもんね。

救急車ひとつ呼ぶにしても、
「迷惑かけちゃいけない」って
呼ぶのを躊躇う高齢者とその介護者ってたっくさんいる。

「迷惑をかけちゃいけない」。

国王がそうだったように。

夜の心細さ、
追い詰められた気持ち、
少しでも軽減しますように。

健やかな眠りがありますように。
そして一日に一度でも。
笑顔がありますように。

繰り返される日々
それと向き合う中でなんか知らず知らず
ルールができてくるじゃない??

というところで

「我が家のおバカで愛しいアニキ」

主人公のネッド
人がいいってか
良すぎてどうなの?位の人物で
兄弟からも若干馬鹿にされているようなところがあるんだけれども。

ネッドをやるのは
ポールラッド

男前なのだけれど
ひげもじゃ君になると
あら
随分イメージが違うわね。

なんせ
友人の警官に大麻を譲ってあげたら逮捕されてしまうなんてさ
人がいい=足りない?位の人物な訳よ。

すっごく「正直」なのね。

だもんで
逮捕されたこともさ
「ま、実際持っていたんだから
仕方ない」ってな感じで
自分の中では決着ついてて。

そういう彼
「どーすんのよ。
誰が身元引受人に?」
って兄弟は煙たがってて。

で、あれやこれや
アニキが正直(すぎる)ゆえに起こる
騒動の数々。
いろいろしっちゃかめっちゃかっていう
コメデイ映画・・・なんだけど。

で、その
「コメデイ映画」の中で
わたくしが一番印象だったシーン。

エディが
一度すっごく怒るのよ。

それがさ年をとった親が同じ話を繰り返すのを
兄弟がさ
途中で話引き取って
「あ〜この話ね?」ってやっちゃうってのと、

子供交えて家族親戚でジェスチャーゲームやってる時に
子供の番に「あーはいはい、○○でしょ?」的にさっさと・・・って奴。

「話くらいきちんと聞いてやれ」
「子供にはちゃんと最後までやらせてやれ」

そう言って怒る。 
真剣に。

わたくし、正直涙出た。

めんどくさかったり、
あーもうなんて事はあっても、
そう、そのアニキの視点、
すっごく大事なんじゃないかって思う。

「優しさ」ってさ
「特別」なことじゃ、ない。

狭いところで守られているところで
綺麗に演出するのは簡単。

きちんと待って、
きちんと付き合うこと。

『我が家のおバカで愛しいアニキ』

まあ、ショーもないといえばしょーもない作品かも・・・

だけど大事なこと言ってるなあって思ったよ〜う。

なんかね
笑いながら大事なことを・・・ね。






posted by kazoo at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(わ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414880430
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック